こんにちは。野村あゆみです。

自分にとって「代えがたいと思うもの、時間」ってありますか?

今回、継続して講座を受講してくださっている方から寄せていただいた声には、
自分にとっての「代えがたい時間」と言葉にしてくださっています。

人それぞれに「代えがたいもの、時間」などがあると思います。

自分にとってそれが何なのか?
そして、講座を通して一体どんなことを体験されたのか?

この度も、継続して受講している方
自分の言葉を大切にする仲間の声をお届けです(^^)/

(前回の記事はこちらからご覧いただけますPC


===========================

~私にとって講座は、日々することが多くある生活の中で、
 じっくりと学び、考えられる時間~

************************

第1回目の対話力講座(現:対話の力を身につける講座)で、
自分の世界観に適った言葉を選択し、それを使うことをし続け、

終わる頃には「自分が生きる世界は、言葉とそれに一致した行動で作っていける」 
という感覚を感じ始め、結果が出始めた所でした。

それをより探究したい思いが強く、

『そのためにはもう1度対話力講座が必要だ!』と感じ、第2回目を熱望しました。

第2回目には、 
自分が生きる世界は、言葉とそれに一致した行動で作っていける』 

 と感じる結果をより多く感じることができました。

言葉を選択し、見つからない場合は、言葉を考え、
それを出すまでに自分に時間を与えられるようになっていました。

そうできなかった時も、後に言葉を考え直し、再度伝え直すなど、
自分の世界観に適った「言葉」を出せる感覚が増えていました。

受講を継続している理由は、
私にとって講座は、日々することが多くある生活の中で、じっくりと学び、考えられる時間です。

そして、同じように学び、探究したいと集ったみなさまとの、代え難い時間です。

自分の体験を話すことで、講師の松本さんや参加者の皆さんの考えをお聞きし、
自分以外の視点を観せてもらえる、とても貴重な時間です。


ですから、あの時間をまた経験したいと強く感じ、講座の受講を継続しています。 

============================

日常の中で、自分のことを考えたり、

 

それを話す時間ってどれくらいあるでしょうか?

ぼんやりと考える時間はあったとしても、

 

じっくりと自分と向き合うことを一人でするのではなく、

 

言葉のプロとの対話や講座を共にする仲間と一緒に取り組むのとでは、
 

随分と得られることが違ってくるのではないかと思います。

自分のためにこれからをじっくりと考えてみたいと思った時に、こうした時間を
 

もってみることも選択肢の一つとしてありだと思います(^^)


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


**********************

◇各地域 講座開催情報はこちらからPC
 https://clst-sf.com/koza_info/


**********************