こんにちはクローバー

 

いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございますクローバー

 

定期的に注入製剤などをチェックするんですが

 

 

こう、きっちり詰まってると幸せ照れハート

見ようによってはめちゃくちゃ在庫あるように見えてしまう笑(昨日発注分が納品されたばかりなのでいっぱいあります)

 

ベロテロが1箱入り切っていなかったりエランセがちょっと変なとこに進出してきてたり、レスチレンがちょっと飛び出しているところ・・・

 

気になる滝汗

 

BENEVマスクを違うところに収納すべきか・・・悩む・・・

 

私、ひとりテトリスがすごく得意で、1回だけですが6時間ノンストップでやれました(もちろんLV999)得意げ

 

でも「ひとり」っていうところがポイントで、対戦になるとすぐに負けます・・・ガーン

 

 

書いてるうちにいてもたってもいられなくなったので修正してきましたDASH!

 

レスチレンのでっぱりは箱の大きさがそうなんだから仕方ない・・・。

一番下にすべきかと思ったけど、ニューラミスよりレスチレンの方がよい製剤なので下にするのはイヤ・・・(ヒアルロン酸ヒエラルキー)

ああ~、最上段のBENEVマスクが気になるっあせる

 

私をA型だと思ったあなた!(誰も思ってない)

 

B型ですけどなにか真顔きりっ

 

「ああ~、そうだよね、B型の人ってちょっと変わってるもんね~」といつも納得されます笑

 

さて、近頃地味に人気なのがボトックスリフト💉です。

 

「ボトックス」=「しわを寄せなくする薬」というイメージなので、それでリフトアップってどういうこと?と不思議に思われる方がおられると思います。

 

ボトックスは、筋肉の収縮を抑制するお薬です。

表情じわは、強い筋肉の収縮によってできるシワなので、ボトックスで筋肉を休めてあげるとシワができなくなる、というメカニズムです。

 

例えば眉間のシワは

 

 

眉毛の直下にある皺眉筋(すうびきん)と鼻の付け根にある鼻根筋(びこんきん)の収縮によって引き起こされるものなので、これらの筋肉の動きを弱めてあげるとシワが寄りにくくなりますニコ

 

フェイスラインから上部の肋骨にかけて

 

 

広頚筋という薄くて広い筋肉がべたーっとくっついています。

広頚筋の働きは、頚部の筋膜を緊張させたり、口角を下に引き下げる働きをしています。

(下方に働く筋肉で、下制筋の仲間です)

 

口角周辺に付着している笑筋や口角下制筋、下唇下制筋にくっついています。

 

若い頃は、頬骨筋や上唇挙筋などといった、上方に働く筋肉(挙筋)が強いため、広頚筋に負ける事なく、上に上に引き上げてくれているのですが、加齢とともに挙筋群が下制筋群に負けてくるようになりますえーん

 

そうすると、

 

・口角が下がる

・フェイスラインがぼやける

・顎下がたるむ

 

といった加齢サインが出てきますあせる

 

ということで、下に引っ張る広頚筋をリラックスさせ、相対的に上に引き上げる力を強めるのがボトックスリフトです。

 

左 Before、右 Afterです。

 

このようなフェイスリフトだけではなく、首を長く見せるような「ネフェルティティリフト」や、首の横じわが気になる場合には「ネックレスラインリフト」の治療もありますニコニコ

 

ボトックス治療は良くも悪くも?必ず変化が出るので、私自身、筋肉の解剖や使用量、注入部位や深さなどを誤らず、上手に使いこなせるように細心の注意を払うようにしています。

 

結果が目に見えてわかるので、患者様のご要望にお応えできた時は私もテンションが上がりますアップ

 

過去にもボトックス記事がありますので、ぜひご参照くださいおすましスワン

 

最後までお付き合いいただきありがとうございましたクローバー

 

黒田でしたクローバー

 

 

むらさき音符にほんブログ村に参加していますむらさき音符ボトックスがポピュラーになってきてうれしいですニコニコ

↓CLICK!↓

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村

 

セキセイインコ青プロフィールはこちらですセキセイインコ青応援よろしくお願いします乙女のトキメキ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

クローバーよろしければHP、Instagramもチェックしてみてくださいクローバー