この個性をどう見るか。オークの「虎斑」。 | 北欧ビンテージ家具のCLOVERSKY

北欧ビンテージ家具のCLOVERSKY

北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYより、日々のメンテナンスや家具の魅力についてお伝えします。
 


テーマ:

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

 

古来から家具や床材に使用されている「オーク」。白く美しい地肌と強さがその所以ですが、オークが持つ特徴の一つに「虎斑(とらふ)」があります。

 

一見シミのようにも見えますが、オークの中でも出るものと出ないものがあります。(切り出す場所や個体差など要因は様々です)。

 

名前の由来は見ての通り、この特徴的な模様が虎の縞模様を連想させるから。

 

この虎斑という個性をどう捉えるか、その模様はより空間をよくするのか否か。わかりやすい特徴だけに判断が分かれるところですが、その家具を唯一無二の存在にする点において重要な要素であることは間違いがないようです。

 

 

 

担当 大島

 

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

 

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

 

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

 

 

 

 

cloverskyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス