OS63サイドボードの機構と秘密(?)を大公開 | 北欧ビンテージ家具のCLOVERSKY

北欧ビンテージ家具のCLOVERSKY

北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYより、日々のメンテナンスや家具の魅力についてお伝えします。
 


テーマ:

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

 

弊社の家具は実際にご覧いただくと「ヴィンテージとは思えない!」といったお褒めのお言葉を頂戴することがよくございます。本当にありがたい限りです。

 

そんな家具の中でも、機構的に楽しんでいただけるのがこちらのサイドボードです。

 

<OS63>

 

ではその特徴的な機構が分かる写真を連続でご覧ください。

 

まるで扉が右側の空間に消えていくように展開しているのがお分かりいただけますでしょうか。

 

では、その機構部の秘密(?)に迫ってみようと思います。

 

<秘密の場所:正面から>

 

これは扉が消えていく部分を接写したものです。ギリギリのところで空間が確保されており、極細にカットされた突き板がキャタピラのように収納されていくのが分かります。

 

<秘密の場所:裏面から>

 

扉を裏から見たところです。こちらの方が縦のスリットがよりはっきりしているため、どのような仕組みになっているのかがより分かります。

 

 

ヴォッダーの意匠とも言えるリーフスタイルの引き出しも含め、美しいデザインと機能性、そして収納性を備えたサイドボード。こだわりの空間にお勧めのお品です。

 

<サイドボードの詳細はこちら>

 

担当 大島

 

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

 

 

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

 

 

 

 

cloverskyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス