長年の思い出が刻まれた家具の修理を承りました | 北欧ビンテージ家具のCLOVERSKY

北欧ビンテージ家具のCLOVERSKY

北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYより、日々のメンテナンスや家具の魅力についてお伝えします。
 


テーマ:

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

 

先日、ショールームにお越しいただきましたお客様をご案内させて頂いた際、CLOVERSKYは北欧にて直接買い付けた家具を工房でメンテナンスし、お客様にご提供させていただいている旨をお伝えさせていただいたところ

 

「これだけのクオリティにメンテナンスいただけるのであれば、今自宅で使用している家具の修理をお願いできないか」

 

というご依頼を頂き、お預かりさせていただくことになりました。

 

 

ご依頼をいただいたダイニングテーブル。20年を超える歴史の中で天板の塗装が部分的に剥がれてしまっています。

 

 

 

 

とても丁寧に使用されているため天板以外の部分は特に触らず(当時のメーカーステッカーなども残っているのでそう言った部分をしっかりと保存する意味合いもあります)、天板を磨き上げその後塗装を行うことでテーブルのコンディションを最高の状態に仕上げていきます。

 

 

予定では完成まで2週間程度。心を込めて取り組んで参ります。

 

 

担当 大島

 

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

 

 

 
 

cloverskyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス