抗がん剤治療2クール目第1週 | 熊本で独立した四十路男のブログ

熊本で独立した四十路男のブログ

熊本で2005年4月に起業してからの活動日誌。ランとがん治療とガンダムも。

抗がん剤治療2クール目第1週1日目。

朝9時から済生会へ行って、採血してからの点滴でした。

 

1クール目では2,3日しつこいしゃっくりに悩まされ、声が枯れたようになったり、ちょっと冷えたものに過敏になってしまったり、鼻水が出たり、点滴をした側の腕(右腕)に若干痛みが残っていたし、朝夕飲む6錠の薬に時間がかかっていました。

 

でも、2週目に入るころには、そんなことも忘れてしまうくらい治まってきたり、慣れてきました。

3週目は薬がお休みなので、体調もよかったです。

 

そして今日。

土曜、日曜と北九州まで高速道路を運転、出発前、帰ってからお仕事でちょっとお疲れ気味で臨みました。

朝から計測した血圧は136/91だったのに、がん治療センターでは175/105に上がってるし・・・。

体重は結婚式やその帰りに食べ過ぎたせいで約2kg増えてるし💦

 

そんな体調でベッドに横になって点滴を始めると、前回同様針を刺しているほうの腕が痛くなってきました。もちろん承知していることなので、そこをタオルで温めながら交換しながら続けるわけですが、前回は体調万全過ぎたのといろんな人が入れ代わり立ち代わりで説明に来られたので本を読むのがやっとでしたが、今回は横になったとたん疲労がドッとでてしまってスマホでちょろちょろッとチェックしては寝てました。

 

それでも30分に1度くらい温かいタオルに交換されるので起きますが、なんだかいつもよりしびれが大きい・・・前回は今回と同様肘と手首の間に針を刺していて、その間だけしびれていましたが、今回は半袖のシャツの袖くらいの位置くらいまでしびれがあったので、さすがに「これヤバい」と思ってしまいました。

 

ちょうど昼食の時間帯になったので、コンビニで買っておいたパンを出して食べようとしたとき、「次回はもっと袋から取り出しやすいものにしよう」と考えました。飲み物も結局は片手でペットボトルを開けるとなると大変なので昨年末買った食器用洗剤の口と同じものにしようと思います。(安くて口で開けれる)

 

14時半くらいに終わって、しびれが残っていたのでしばらくくフワフワした感じでしたが、枯れだした声で薬を受け取り、とりあえず問題なく帰り着くことができました。

 

帰り着くと鼻水が出だしたし、手先、喉元の冷たいものに対する過敏さも出てきたので、ここまで+αはデフォルトなんだろうと受け入れることにしました。

ちなみに今、ふくらはぎ付近に猛烈な疲労感があるけれども薬の副作用かどうか不明です。

 

とりあえず2,3日は仕事にも支障が出そうなので今後は特に注意します。

明日打ち合わせ入れてしまってますけど💦