冬なんだけどサマースクール一泊二日~後半レポ~ | 集団の中で個性輝く子どもたちを育てる|ちいさな学校

集団の中で個性輝く子どもたちを育てる|ちいさな学校

福岡市博多区で子どもたち主体の教室をしています。
アフタースクール・幼児教室・親子イベント・未来の人財を育てる会(勉強会・講座)を中心に心を育てる活動をしています。


テーマ:
冬サマー後半レポ書いていきますウィスパー


朝は7時に起床です。
前日の話し合いの時、こんな話になりました

赤ちゃん「もし7時より早く起きてしまったらどうしよう?」
こども女の子「うるさくするとまだ寝てる人の迷惑になる」
こども男の子「一階の鍵の場所を決めておいて、起きた人は一階で遊ぶことにしよう!」


こんな話し合いが行われ、実際に少し早く目が覚めた子どもたちはヒソヒソ声で
「鍵はー?」
「ここ!ここ!」
「どうする?行く?」
などと会議してたらしくそうこうしてたら7時になるってオチだったようです 笑

布団を片付けたら朝ごはんご飯









好きな具を入れて、自分で食べる分は自分で作って食べますおにぎり

形はいびつだけど 笑
炊きたてのご飯ってほんとにおいしい!!

食後には教室を雑巾がけしてぴかぴかにきらきら!!





小さい子はどこをどう掃除していいのかわからなくなる場面もありましたが、お姉ちゃんお兄ちゃんたちが声をかけてやり方を教えてくれていました^^



ご飯の後は全員で大スゴロク大会キラキラキラキラ






子どもたちが考えたマスでスゴロクができていきます

ミキタカこのマスにとまったら、こしょこしょ50秒 ←長いw
ミキタカオバケの真似をする
ミキタカ変な顔をする
ミキタカみかんをもらう

書ききれない位のおもしろマスがありました好
その中でも私たちをひときはハッピーな気持ちにさせてくれたのが、Yちゃん作成の
このマスに止まったらニッコリする
止まった子たちみーんなに「ニッコリちょうだーい!」と声をかけると満面の笑みを見せてくれる子や、照れてハニカミ笑顔を見せてくれる子もいました
かわいいーーー幸せ!



楽しい時間はあっという間で、冬なんだけどサマースクール一泊二日は幕を閉じました。



無事、けがや事故もなく終えることができよかったです。
この子どもの力を最大限に信じるプロジェクトに大切なお子さまたちを預けてくださったご家族の皆様に心より感謝します。





一般社団法人 クラウドナイン・エデュケーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ