私の人生に影響を与えたテレビ番組「海の向こうで暮らしてみれば」 | アンティークのお店 Clotte 店長日記

アンティークのお店 Clotte 店長日記

アンティークショップ店主の日々の暮らしで起きたこと、思ったことを気ままに綴っています。

約25年前にTBS系列で


確か日曜日の11時台に放送されていた


「海の向こうで暮らしてみれば」という番組。


ある日本人女性がたった一人で海外に渡り、

 

そこで夢を叶えるために奮闘する姿を

 

取材したドキュメンタリー番組です。

 

 

 


番組の構成は現在も放送されてる

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」や「情熱大陸」の

 

女性版みたいな感じだったと思います。

 


当時一般企業で普通のOLをしていた私は、

 

そこに登場する彼女たちが、キラキラ輝いて見えて、

 

毎回、勇気と元気をもらっていた

 

とても大好きなテレビ番組でした。

 


そして、番組のテーマ曲がジョンレノンの「Woman」。

 

 

まるでそんな彼女たちを応援するように流れて、

 

私にとって本当に影響を受けた番組でもありました。

 


「海の向こうで暮らしてみれば」に登場した

 

彼女たちに憧れて、

 

「いつか私も海外で仕事をしてみたい」

 

「私も心から好きと思える仕事をしたい」と

 

ずっと考えていました。

 


その時はケーキを作るのが趣味だったため、

 

パティシエになろうかと真剣に思い、

 

フランス語を習いに行っていた時もありました。

 


でも決意というより、憧れの方が強いまま、

 

明確な目標を立てずに進めていたので、

 

当然叶うこともなく、

 

そんな憧れも心の片隅に残したまま、

 

結婚し、出産し、家族のために

 

毎日を過ごしていました。

 


ですが、あの時の

 

「海の向こうで暮らしてみれば」で受けた影響は

 

何年経っても私の心の中に消えないまま、

 

子育てをしながらもいつも

 

「自分の好きなことを仕事にしたい」と思っていました。

 

 

 

 

イキイキとして仕事をしている女性を見ると、

 

何かモヤっとした変な焦りを感じて、

 

「私に何ができるだろう」と考えて、

 

と同時に「自分にはできるわけはない」

 

という思いがグルグルとしていました。

 


そんな中、子育ての途中で病気になって、

 

気持ちがふさぎ込む時期が長く続いていました。

 


Clotte HPのトップページにある「about」と、

 

https://clotte-antiques.com/?tid=4&mode=f23

 

 

こちらのブログにも書きました

 

https://ameblo.jp/clotte-antiques/entry-12543961299.html

 

 

 

その時に「アンティーク」が私の心を癒してくれ、

 

そこで「アンティ―ク」の魅力に

 

気づくことができたのです。

 


ようやく症状が良くなってきた時に

 

「やっぱり自分の好きなことを仕事にしたい」

 

という気持ちがまたよみがえり、

 

もうその時には「アンティーク屋さん」以外は

 

考えられませんでした。





「海の向こうで暮らしてみれば」に感化されて、

 

15年経った時にやっとその思いを実現できて、

 

今現在も続けられているのは、

 

私にとってとても幸せなことだと思っています。

 

 

海の向こうで暮らしたい気持ちはもうありませんが、

 

海の向こうで仕事をしたい気持ちはあります。

 

 

今の目標は、ヨーロッパに行って

 

見たことのないアンティークに出会いたいこと、

 

そして、それを多くのお客さまに届けたいことです。

 

 

「海の向こうで暮らしてみれば」に夢中になって

 

私も登場した彼女たちのように生きていきたいと

 

思ってから、25年もの年月が経ちましたが、

 

そんな思いをずっと持ち続け、そして、

 

それまでに起きたいろいろな経験があったからこそ、

 

このような形になって叶いつつあるのだなと思います。

 

 

今回は明確な目標をきちんと立てて、

 

その実現のために毎日を

 

大切に生きていこうと思っています。

 

 

アンティーク通販のお店 Clotte http://clotte-antiques.com/