心境と服の色の変化は連動している? | 「大人の片づけ お悩み相談」小田急沿線片付けナース

「大人の片づけ お悩み相談」小田急沿線片付けナース

2000年の春から「親の家の片づけ=おやかた」実践中です。
片づけの経験談、ライフオーガナイザー®として片づけのコツなどの情報発信ブログです。
片づけには「より良いコミュニケーション」「信頼関係」「思いやり」の3つの事が何よりも大切であると考えます。


テーマ:

変化って急に起こることもあれば

自分でも気づかないうちに起っていることも。

 

私は最近クローゼットの中の洋服の色味がちょっとずつ変化してきています。



ふだん着る服の色が変わってる

それに気づいたのは今から十数年前、
久しぶりに実家に帰って 独身時代の洋服を整理していた時。
その頃よく着ていたダークな色からは考えられないような

色や形の洋服を昔は着ていたのです。

明るい色の服や 女性らしい服が多かったのには我ながら驚きました。

 

上向き矢印こんな服ではないですけどあせる

 

スカート派でした。


その頃の私は毎週末義実家お片付け中。

普段も汚れが目立たない地味な色の服
動きやすいパンツしかはいてない
といった状態でした。


どうかしたらダンナの着ない服とか着てたわ~(;^_^A
当時のダンナは着ないくせに変に衣装持ちの所があってね~あせる

そのことに気づいたとき、ものすご~く悲しくなってしまいました。
おでかけ、と言えば葬儀がらみ、義実家掃除がほとんどで
メイクも地味~に
薄~くなっていっていました。


元々メイクのテクニックは無い方でしたが
メイクの資格を持っている友達がいたのでいざという時は
顔を作ってもらっていましたデレデレ
友達が資格を取るときは練習台にもなりました~。

義実家の片付けも落ち着いてきて、
徐々に「楽しもう」という気持ちも取り戻しつつありましたが
若さは戻らない~。
かといって、今 着飾りたいかというと、そうではなくて。
「どうしたいのか」 を自分に問い直している時期かな~、という時期が長い間続きました。

2014年に参加したメイクお茶会 の時、みなさんに
「もっと明るい色を着た方が良い」
と言われたこともきっかけになったかな~。

一人で家にいたら気づかない事ばかりです。

で、2016年は骨格診断、パーソナルカラー診断を受けることに

 

クリックスプリングでストレート

 

これは、私にとって大きな転機となりました。

 

主観は大事ですが、人にどんな印象を与えるか、という

今までになかった視点が芽生えました。

特に洋服やアクセサリーの選び方は、

今までの自分だったらきっと選ばなかったようなものが似合う事が判明しましたキラキラ

 

徐々にアドバイスをいただいた方向へシフト中ですウインク

 

誰から聞くかっていう事も大切な問題。

 

この人なら…

と思える出会いも必要ですね。

 

幸い私はそういう出会い運は最高に「持ってる」音譜

 

私が診断をお願いしたのはマルノナツコさんですドキドキ

ブログの実例もお役立ちですよ~。

 

診断中も診断後も楽しくHAPPYな気持ちになれますよ音譜

 

 

 

 

 

小田急沿線の「片付けナース」ライフオーガナイザー® 三浦千枝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス