鼻尖の縮小を希望し

当院に来院されました。

 

鼻先はやわらかく

左右の鼻翼軟骨が開いており、

皮下脂肪が多い方でした。

 

鼻尖縮小術を主体とした

鼻翼軟骨形成を行い、

鼻先を斜め下方に向けるため

耳珠から軟骨を採取し、

鼻柱上部に移植しました。

 

↓術前 正面

↓術後55日

 

 

 

↓術前 斜め左前から

↓術後55日

 

 

 

↓術前 斜め右前から

↓術後55日

 

 

 

↓術前 下から

↓術後55日

 

まだ術後55日であり、

オープン法のキズあとが

残っていますが

今後少しずつ薄くなっていきます。

 

オープン法による

鼻尖縮小術+鼻柱上部軟骨移植の

デメリットは以下の通りです。

 

・ダウンタイムがクローズ法に比べ

  4~5日長くなります

・開いた左右鼻翼軟骨を閉鎖することで

  鼻尖を縮小できますが、

  過度な閉鎖はアップノーズの

  原因になるので注意が必要です

・耳介軟骨を採取するため

  キズができますが、

  時間とともに薄くなっていきます

 (このキズは他の方からは見えない部位にあります)

・オープン法では鼻柱にキズができますが、

  多くの場合目立たなくなります

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co