1月8日に紹介した患者様の

術後の経過です。

 

瘢痕の増殖が少なかった方で

今後もその心配はほとんどありません。

 

術後の経過は良好であったのですが、

「もっと鼻の穴を見えないようにしたい」

・・・と仰ってます。

 

↓術前 正面

↓術後3ヵ月15日

 

 

 

↓術前 斜め左前から

↓術後3ヵ月15日

 

 

 

↓術前 斜め右前から

↓術後3ヵ月15日

 

 

 

↓術前 横から

↓術後3ヵ月15日

 

 

鼻の穴が正面から全く見えなくなると

奇異な鼻になってしまいます。

 

鼻孔縁下降術を検討していますが、

価値観、感覚は人それぞれです。

 

術前にご説明した鼻中隔延長術のリスク

①術後早期の出血、血腫

②術後早期の感染症

③鼻尖、鼻柱の偏移

④鼻閉(鼻づまり)

⑤鼻中隔穿孔

⑥瘢痕の増悪

①~⑤は発症しませんでした。

⑥は現在のところ問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co