鼻先が平坦で

鼻尖形成を希望された患者様の

術後の経過です。

 

2年前

開いた鼻翼軟骨を閉鎖し、

鼻尖と鼻柱上部に

耳介軟骨を移植しました。

 

同時に鼻根から鼻背の

隆鼻も望まれたので

シリコンプロテーゼを

挿入しました。

 

(この患者様については

12月7日に別件で

術後2ヵ月までの

結果について

ご紹介させて頂いてます)

 

↓術前 正面

↓術後8ヶ月

↓術後2年

術後8ヶ月で瘢痕が軽減していたのですが、

2年経つとさらに

すっきりした鼻先になっていました。

 

左右に開いた鼻翼軟骨中間脚と

内側脚を閉じることで

鼻尖が縮小できたことが

判ります。

 

↓術前 斜位

↓術後8ヶ月

↓術後2年

術後2年の斜位画像は

術前、術後8ヶ月の画像と

やや撮影角度が異なりますが、

鼻尖と鼻柱上部に移植された軟骨が

吸収されていないことが

判ります。

 

また鼻背のむくみも

消失しました。

 

↓術前 下からの撮影

↓術後2年

平坦な鼻孔上縁が

「ハ」の字になり、

鼻先がすっきりしました。

またオープン法の

鼻柱切開線は

ほとんどわからなくなりました。

 

↓術後2年 耳介軟骨採取部のキズ

赤矢印が切開のあとです。

この縫合痕も

判りにくい状態になっていました。

 

患者様は

結果に満足されていました。

 

鼻の手術では

瘢痕が患者様の

悩みになりますが、

適切な術後早期の管理を行い、

あせらずに瘢痕が軽減するのを

待つことも大切かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co