最近はL型シリコンプロテーゼが

使われなくなりました。

 

その理由は以下です。

・鼻先にある鼻翼軟骨を圧迫し、

 長期的にみると

 鼻尖が変形する。

 「入れた頃は良かったのに

 アップノーズになってきた」という場合は

 鼻翼軟骨の圧排とプロテーゼの位置移動が

 原因です。

・鼻先の皮膚の伸展、

 プロテーゼの入れ方、

 あるいは同時に鼻先の脂肪を除去するなどの

 手技によって

 鼻尖の皮膚が薄くなり、

 プロテーゼが触れる。

 「皮膚が薄くなり、気温の変化や飲酒後に

 鼻先が赤くなる」・・・というのは

 皮膚が薄くなることで

 毛細血管が増えたためです。

 

 以前紹介した患者様のケースで

 L型プロテーゼによる特徴的な症状と

 治療について解説します。

 

 

↓他院でL型プロテーゼを入れた患者様です。

 ①の陥凹はプロテーゼが左右の鼻翼軟骨の間に

 落ち込んでしまったためのへこみです。

 ②は鼻尖部を構成する鼻翼軟骨中間脚を

 圧迫し、平坦になりました。

 

③はL型プロテーゼが入っている患者様に

見られる特徴で、プロテーゼが鼻尖の中にあるため

鼻翼から急な立ち上がりがあります。

 

 

 

 

↓上記の患者様は当院でL型プロテーゼをI型に交換し、

 鼻尖部は鼻中隔延長術で修正再建しました。

 I型プロテーゼは

 下の画像のオレンジ色の部位に入っています。

 I型といっても、鼻先までは入れません。

    (術後6ヵ月)

 

↓鼻尖部の修正再建を行うことで

 術前に認めた鼻尖と鼻翼の境界の

 陥凹性変形は改善しました。

 通常、修正方法は

 ・鼻翼軟骨形成+軟骨移植

 ・鼻中隔延長術による

  鼻翼軟骨の位置の正常化

 がほとんどで、

 鼻翼軟骨形成のみで術前程度の鼻先の

 高さが得られるケースはまれです。

   (術後6ヵ月)

 

L型プロテーゼが入っている患者様で

鼻先の変形や鼻穴の左右差の増大、

鼻先の皮膚が薄くなったなどの

症状が出現したら、

プロテーゼの摘出や交換を

検討する時期かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co