こんにちは 医学博士 田中洋平です。
今回のブログでは「目の形態(特にまぶた)」についてお話したいと思います。


目の形態は鼻や口と同様、あるいはそれ以上にお顔の印象を決定づける重要なパーツで、外見も大切にされている女性には目の形態にとてもこだわりがあるかと思います。

 


形成外科で日々診療させて頂いていますわたくしの印象では、この目の形態に関して、ご自身で完璧と思わている方は多くなく、多くの女性が「もっと、こうだといいのに」となにかしら気になるところがある印象です。

 


皆様は普段目の形態の表現をどのくらいお使いになられますか。


大きい目、小さい目、すっきりした目、涼しい目、腫れぼったい眼、軽い目、重たそうな目、切れ長、蒙古襞のある目、突っ張った目、ぱっちりした目、華やかな目、アーモンド型の目、丸い目、くりくりした目、三日月の様な目、くぼんだ目、つり目、垂れ目など、形態を表現する言葉はとても多いですね。

 


このようにとても多いのは、わたくしたちにとって、目の形態はとても印象深く重要な意味があるという証拠でしょう。
皆様はどのような目の形態がお好きでしょうか。


一般的には開きにくい目よりも、開けやすい機能的にも有利なパッチリした目が好まれる傾向にあり、手術によりそのように整容的にも機能的にも変えることができます。


機能的、解剖学的制約はありますが、わたくしは、外見は形成外科でいかようにでも変えられると考えています。だからこそ、人間は外見でなく中身で勝負と思うのですが、そうは言っても外見も重要と考えられる方が多いのも現実です。外見、形態を変えたいと思われる方は、是非、わたくしたちの東京美容外科にご相談ください。

 


機能的、解剖学的制約はありますが、きっと、ご希望の形態に近付けることが可能だと思います。

 


 

 

医学博士 田中洋平


宝石赤 クリニカタナカ

http://clinicatanaka.jp/

宝石緑 オラクル美容皮膚科

https://www.oracleclinic.jp/

宝石紫 東京美容外科

https://www.tkc110.jp/


医学博士 田中洋平(Yohei Tanaka)

クリニカ タナカ 形成外科・アンティエイジングセンター院長
AGAスキンクリニック長野院院長
東京女子医科大学皮膚科非常勤講師
新潟薬科大学客員教授
近赤外線研究会発起人・理事
International Photobiological Society 発起人・理事
東京美容外科技術顧問
オラクル美容皮膚科技術顧問