眼を守る

テーマ:

こんにちは 医学博士 田中洋平です。
今回のブログでは「眼を守る」についてお話したいと思います。

 

紫外線カットを謳ったコンタクトレンズや眼鏡が一般的になりましたが、一般に市販のものは、紫外線対策でさえも万全でないものが多いです。

 

 

たとえば、コンタクトレンズは黒眼を紫外線をカットできても、白眼に関しては、コンタクトレンズでは、紫外線から守れません。

「目は口ほどに物を言う」と言われていますが、お顔のお肌だけでなく眼の周りも、できる限り若々しくきれいに維持したいものです。老化予防のために、眼の紫外線対策をしっかりとしましょう。

 

 

紫外線カットを謳った製品は、紫外線はある程度遮断できるとされていますが、近赤外線の遮断はできません。紫外線に曝露される機会が特に多いわけではないのに、ガラス工芸や炭焼きなど、熱い熱線に曝露される機会が多い方が、白内障になりやすいのは、このためです。

 

わたしたちの眼は、進化の過程で、太陽光線に含まれる紫外線や近赤外線など生理作用の強い「老化光線」から防御するために、何重にも防御機構を獲得しました。それは、私たちの生命の根幹をなす中枢神経の中で唯一体表に露出している眼の視神経を守るためです。

それでも、長期にわたって曝露されますと、角膜、水晶体、網膜に対するダメージも蓄積され、白内障や翼状片など多くの眼疾患を引き起こすことになります。

 

 

眼に対する近赤外線作用に関して、以前から指摘され、眼に対する近赤外線の防御基準まであるのにもかかわらず、近赤外線遮断メガネが普及していないのは残念なことです。

わたくしは紫外線も近赤外線も、直角に差し込むものだけでなく、斜めからも遮断できて、さらに、色の情報だけを通すメガネをかけるようにしています。

 

朝起きて、紫外線や機械的刺激から体を守るために、あるいは体温を保持するために、服をまとい、外出前には日傘や日焼け止めを使用するのと同じように、これからは、眼を守るために、朝起きたら、視力とは関係なく、メガネをかける習慣を付けましょう。

 

 

医学博士 田中洋平


宝石赤 クリニカタナカ

http://clinicatanaka.jp/

宝石緑 オラクル美容皮膚科

https://www.oracleclinic.jp/

宝石紫 東京美容外科

https://www.tkc110.jp/


医学博士 田中洋平(Yohei Tanaka)

クリニカ タナカ 形成外科・アンティエイジングセンター院長
AGAスキンクリニック長野院院長
東京女子医科大学皮膚科非常勤講師
新潟薬科大学客員教授
近赤外線研究会発起人・理事
International Photobiological Society 発起人・理事
東京美容外科技術顧問
オラクル美容皮膚科技術顧問