こんにちは 医学博士 田中洋平です。
今回のブログでは「眼の紫外線対策~メガネ・サングラス~」についてお話したいと思います。

 

眼に紫外線を入れないようにするためには、紫外線カットの可能なメガネ・サングラスが効果的とされています。

 


一般の方の「お肌に対する紫外線カットの意識」は高く、お肌を美白するため、またその美白の維持のために、お肌に対する紫外線カットにはいつも気を配っておられることでしょう。日焼け止めを使うなどお肌に対する紫外線カットがなされれば、コラーゲン線維が損傷されてしわが深くなるような紫外線による直接的な光老化はある程度は予防できるでしょう。

 


でも、残念ながら「目の紫外線カットの意識」はまだまだ低いと思われます。
一般の紫外線カットのメガネ、サングラスでは紫外線対策は万全ではありません。


紫外線カット99.9%と謳っている一般の紫外線カットのメガネ、サングラスは、紫外線の中でも波長の短い領域(380 nmまで)はカットできていても、水晶体や網膜にダメージを与えるとされている波長の長い紫外線領域(380~400 nm)はあまりカットできません。
また、レンズに対して直角に(真正面からまっすぐに)入る紫外線に対してはカットできても、斜めから入る紫外線に対しては、カットできていないことも多いですので、注意が必要です。製品に表示されている紫外線カット率は、レンズの面に対して直角に光が差し込んだ場合のカット率です。
斜めから差し込んだ場合のカット率は低いものがほとんどです。

 


でも、考えてみてほしいのは、レンズの面に対して直角に光が差し込むことは少ないのではないでしょうか。サングラスをかけて、アウトドアを楽しむとき、太陽光は斜めから差し込みます。
さらにレンズは平面に近いのでゴーグルのような形状でないと横から、下から入ってくる紫外線をカットできません。
ですから、紫外線カット99%だから大丈夫、ではありません。

 


唯一体表に露出している中枢神経の視神経を守るために、そして、さまざまな眼疾患を予防するために、眼の紫外線対策がしっかりできるメガネ・サングラスを選ぶことが大切です。

 

医学博士 田中洋平


宝石赤 クリニカタナカ

http://clinicatanaka.jp/

宝石緑 オラクル美容皮膚科

https://www.oracleclinic.jp/

宝石紫 東京美容外科

https://www.tkc110.jp/


医学博士 田中洋平(Yohei Tanaka)

クリニカ タナカ 形成外科・アンティエイジングセンター院長
AGAスキンクリニック長野院院長
東京女子医科大学皮膚科非常勤講師
新潟薬科大学客員教授
近赤外線研究会発起人・理事
International Photobiological Society 発起人・理事
東京美容外科技術顧問
オラクル美容皮膚科技術顧問