紫外線と眼

テーマ:

こんにちは 医学博士 田中洋平です。
今回のブログでは「紫外線と眼」についてお話したいと思います。

 

体の皮膚に関しては、ある程度の紫外線曝露は必要ですが、眼は違います。眼には紫外線は、現時点では不要といってよいでしょう。

 

眼を守るために、朝起きたら、視力とは関係なく、メガネをかけるべきでしょう。

眼に紫外線が入ってしまうと、主に角膜、水晶体、網膜がダメージを受けます。眼に対する紫外線のダメージとして、一般的には白内障が最も有名ですが、そのほかにも、翼状片など多くの眼疾患の原因になっているとされています。

 

 

眼以外の身体にもたらされる影響は、皮膚の色素沈着が広く知られています。眼に紫外線が入るだけで、全身の皮膚が紫外線に曝露されていると反応して、紫外線の直接的な刺激から体を守るために、メラニンを皮膚に蓄積させて、色素沈着になります。お肌の美白をされている方が、美白を維持するために、眼に紫外線を入れないようにすることが大切とされているのはこのためです。

 

 

わたくしたちの眼は、進化の過程で、太陽光線に含まれる紫外線や近赤外線など生理作用の強い「老化光線」から防御するために、何重にも防御機構を備えています。それは、わたくしたちの生命の根幹をなす中枢神経の中で唯一体表に露出している眼の視神経を守るためです。それでも、長期にわたって曝露されますと、角膜、水晶体、網膜に対するダメージも蓄積され、白内障や翼状片など多くの眼疾患を引き起こすことになります。

 

眼の紫外線対策をしっかりとすることで、唯一体表に露出している中枢神経の視神経を守ることができる、そして、さまざまな眼疾患を予防できると私は考えています。

 

 

また、お肌の美白をされている方は、美白を維持するうえで、眼の紫外線対策をしっかりとすることが極めて大切ですし、眼の紫外線対策をされなければ、光治療などで美白治療を定期的に継続しなくてはなりません。