こんにちは 医学博士 田中洋平です。
今回のブログでは「ビタミンC」についてお話したいと思います。

 

ビタミンCを自分で作れないのもわたくしたちだけ。

 

 

他の哺乳類は自分でビタミンCを産生できるのに、わたくしたちは食品から摂取するしかありません。

ビタミンCは、わたくしたちの体内で実に多くの役割を果たし、本当に大切な成分です。

そして、数多くの役割の中で、抗酸化剤としての役割も非常に大切で、わたくしたちはたくさん必要としているとされています。

 

 

わたくしたちの細胞は生きているだけで、活性酸素が出てしまいます。

活性酸素は体内にとどまり続けると、体内の組織を酸化させて、ダメージを与え、そのダメージが蓄積されて老化につながります。その活性酸素を代謝してくれる代表格がビタミンCなのです。

 

 

激しいストレスにさらされている方、激しいスポーツや日照時間の長い方、タバコや大量の飲酒をされる方、砂糖・白い炭水化物・乳製品・飽和脂肪酸を多く含む食事をされている方は特に、体内で大量に活性酸素が発生しているので、細胞の劣化、組織の負担・損傷を最小限に食い止めるためには、より多くのビタミンCなどの抗酸化剤が必要です。

 

でも、サプリメントでたくさん摂取しようとしても、うまくいかないようです。

 

 

サプリメントの多くは、合成されたビタミンCです。

たくさん飲んで、あるいは空腹時に飲んで、胃が荒れたという経験をお持ちの方も多いでしょう。

しかも、吸収効率も高くないので、なかなか効果を実感できません。

 

ビタミンCは、生きている食品から、さまざまなバイオフラボノイドと一緒に、天然型のビタミンCをたくさんいただきたいものです。

 

 

医学博士 田中洋平


宝石赤 クリニカタナカ

http://clinicatanaka.jp/

宝石緑 オラクル美容皮膚科

https://www.oracleclinic.jp/

宝石紫 東京美容外科

https://www.tkc110.jp/


医学博士 田中洋平(Yohei Tanaka)

クリニカ タナカ 形成外科・アンティエイジングセンター院長
AGAスキンクリニック長野院院長
東京女子医科大学皮膚科非常勤講師
新潟薬科大学客員教授
近赤外線研究会発起人・理事
International Photobiological Society 発起人・理事
東京美容外科技術顧問
オラクル美容皮膚科技術顧問