統合失調症 思春期のサイン

テーマ:

皆様、こんばんは。

 

 

 

 

札幌市近郊恵庭市のカウンセリングルーム「なおこ心理相談室」の臨床心理士の足立直子です。

 

 

 

今日は十五夜ですね。

せっかくだったのですが、曇り空で月が見えません。

しかもとても寒い日です。

風邪には気をつけましょうね。

 

 

 

さて、今回は思春期が好発年齢になる統合失調症について、

皆様と考えてみましょう。

 

 

 

 

統合失調症は人口の約1%、100人に1人にみられる、身近な病気です。

 

 

 

比較的再発しやすい病気でもありますので、

中~長期にわたって、きちんと服薬できることが求められます。

また病識(自分は病気であるという認識)が得られにくいため、

病気の理解に向けての心理教育も重要です。

 

 

北海道では「べてるの家」が先進的で、

自分で病気をつかみ、コントロールするために集団療法がさかんです。

 

 

この統合失調症は、様々な症状が現れ、

また一人の人にどの症状が組み合わされるか、

どの症状がどんな風にあらわれるかは、人それぞれです。

 

 

やはり他の疾患と同様、早期発見、早期治療が望まれます。

 

 

 

もし思春期で統合失調症に出会ったら…

どんなところをポイントにしたらよいでしょうか。

 

 

 

* 幻聴や妄想などの症状(陽性症状)が特 徴的 です

* 周囲には理解しづらい生活の支障を抱え る人が多い 

(病気の症状が、健康な人においては体験したことのない症状の場合が多くある)

* 病識が得られにくいため、治療につなが りにくいことがある 

* 思春期・青年期には典型的な症状がそろ わないことも多い 

* 症状を理解しつつ、本人の苦悩や悩みに 寄り添う姿勢が大切  

 

 

 

様々な症状がみられる統合失調症、

今回は、①幻覚・妄想、②生活の支障、 ③病識の3つにまとめてみます。

 

 

 

 ①幻覚・妄想  幻覚と妄想

 

統合失調症の代表的な症状 です。

不思議な症状に思えますが、脳の働きの誤作動による ものと言われています。

この誤作動を 元に戻すことを目的に薬物療法がおこなわれます。

統合失調症の幻覚や妄想には一定の特徴が あります。

統合失調症で最 も多いのは、聴覚についての幻覚、つまり幻 聴で、

誰もいないのに人の声が聞こえてくる、 

ほかの音に混じって声が聞こえてくる、とい う幻聴(幻声)です。

「バカめ」などと本人 を批判・批評する内容、

するべきでない行動を命令 する内容、

「ドアを開けました」などと本人 の行動を注釈しているような内容が代表的で す。

普通の声のように耳に聞こえて、実際の 声と区別できない場合や、

直接頭の中に聞こ えたり、

声そのものははっきりしないのに不 思議と内容ばかりがピンとわかったりする場 合などがあります。

幻聴に聞き入ってニヤニ ヤと笑ったり(空笑)、

幻聴との対話でブツ ブツ言ったりする(独語)場合があるため、 

周囲の人から奇妙だと思われてしまい、

その 苦しさを理解してもらいにくいことがありま す。  

 

妄想とは、明らかに誤った内容のことを信 じてしまい、周りが訂正しようとしてもその 訂正を受け入れられない考えのことです。

「悪 い組織から攻撃されている」(迫害妄想)、

「近 所の人のせき払いは自分への警告だ」(関係 妄想)、

「隣の人から見られている」(注察妄 想)、

「何者かに尾行されている」(追跡妄想) などの内容が代表的で、

これらをまとめて被 害妄想と呼びます。

ときに「超能力を手に入 れた」といった誇大妄想が出現することもあ ります。  

 

 

 

それが病気の症状であるといわれても、本人はなか なかそうは思えません。

自分が病気であることが認識できない場合も あります。

しかし治療が進んで病状が改善すると、 自分の症状について認識できる部分が増えて いきます。

そのため、 周りの人が以上のような症状の特徴を理解し、

本人の 抱える苦悩に寄り添っていくことで、気持ちがほぐれてきます。

また、人生や生 活上の一般的な悩みに対してのサポートもま た重要になります。

幻覚や妄想が始まってか らできるだけ早く治療を開始すると経過が良 いのですが、

思春期・青年期に一時的に似た 体験をするものの、

統合失調症へは発展しな い方も少なくありません。

ただ、悩みは続く ことが多いので、いきなり医療機関の受診を 考えないまでも、

周りの人が情報を共有する ように心掛けておくとよいでしょう。

 

 

 

 

急に寒くなりました。

皆様、どうぞお身体お大事に

食欲の秋、運動の秋をお楽しみくださいね。

 

手を取り合って。