子どものうつ病を考える

テーマ:

皆様、こんにちは。

 

 

 

 

札幌市近郊恵庭市のカウンセリングルーム「なおこ心理相談室」の臨床心理士の足立直子です。

 

 

 

前回子どもの自殺について皆様と考えました。

今回は子どもの自殺の背景になる‘子どものうつ病’について、考えてみたいと思います。

 

 

 

子どものうつ病は、大人とは症状の出方が少し異なります。

子どものサインに気付いてあげるヒントになればと、以下を記します。

 

 

 

<症状>

 

うつ病の根底に、強い抑うつ気分と自暴自棄の気持ちが隠れていることによって、

以下の様な症状があらわれやすいと言われています。

 

(行動面) 

・元気がない

・疲れやすい

・イライラする

・落ち着きなく動き回る

・何をするのも億劫になる

・話さなくなる

・やらなければならないことが出来ない

・面倒くさがる

・集中力の低下

・次の行動を考えることが出来ない

・少しでも楽しい気分になりたいために派手な服装をしたり、夜遊びをしてしまったりする

など

 

 

大人のうつ病であれば、抑うつ感が強く、普段よりも大人しくなるイメージが強いと思われますが、子どもの場合には、「イライラ」や「落ち着きのなさ」も考慮してあげる必要があります。

子どもの場合には、大人よりも言葉で気持ちを表現しきれないために、

行動面や次に記す身体症状が目立つのが一つの特徴です。

 

 

(身体的症状)

・食欲がない

・体重が減った、望まれるべき体重増加がない

・腹痛・頭痛

・食べ過ぎてしまう、体重が増えた

・眠れない

・いつまでも眠っている

 

 

うつ病といえば、不眠に食欲低下と思われがちですが、

過眠や過食もその症状であることを知るのも、大切なポイントです。

 

 

 

~医療機関受診の目安~

 

以下のことが2週間以上続く

 

<今までは楽しくやれていたことが苦しいと感じている時>

・学校に行くことが辛くなる

・仲のよい友だちとも付き合いたくない

など

 

<生活に支障をきたした時>

朝起きられない、夜眠れない日が続く

 

 

~早目に医療機関の受診が望まれる時の目安~

 

・死に関することを考えている時

(「死んだらどうなるのかな」「どんなことをすると死ぬのかな」など)

・自己肯定感が非常に低い発言が目につく時

「自分はダメだ」「自分は悪い子なんだ」「もうどうしようもない」など

など

 

 

~医療機関の受診の仕方~

 

児童期のお子さんであれば、まずは小児科で相談するのもよいでしょう。

思春期以降のお子さんであれば、精神科を受診します。

身体症状がある場合は、内科で検査が必要な場合もあります。

精神科での診断は、妄想・幻聴などがあらわれる「統合失調症」との鑑別も大事になってきます。

統合失調症は思春期からの発症が多く、

初期のの症状として、抑うつ症状が現れることが多いので、

専門の精神科を受診することをお勧めします。

発達の問題が隠れていそうな場合には、児童精神科医の受診をお勧めします。

なかなか専門的なことは分かりにくいと思いますので、

お子さんが在籍している学校にスクールカウンセラーがいる場合には、

相談してみるのも一法です。

 

 

では、子どものうつ病を誘発する出来事とはどんなものでしょうか。

 

 

子どものうつ病を誘発するもの

 

1)喪失体験(身近な人やペットの死、友だちの引っ越しなど)

2)不安(友だちと上手くいかない時、成績がなかなか上がらない時)

3)怒りの抑圧(自分は悪くないのに怒られたなど)

 

こういう出来ごとは大人でも憂うつな気分になりますね。

ゆっくり休んだり、家族や友達に話すことで解消されます。

日頃から不安になったり、イライラしたりしている子どもの気持ちに耳を傾け、共感する姿勢が抑うつ気分の解消に効果的です。

 

 

これはうつ病の予防という観点からも大事なことです。

 

 

では、具体的に子どもに接する時の注意点はどのようなものでしょうか。

以下、具体的な方法です

 

 

①ゆっくり休ませる

子どもが憂うつそうにしている時に、

すぐに悩みを聞き出そう、解決しようとあれこれ口を出すのは控えて、

まず休息をとらせてあげましょう。

普段真面目で成績優秀な子が、

勉強が手に付かず成績がふるわず、落ち込んでいたら、

「もっと勉強しなさい」と励ますよりも、ゆっくり休むことを勧めるのが良いでしょう。

 

また塾や部活、習い事などは一時休ませ、

早目に下校させるなどの配慮も必要になる場合があります。

 

 

②共感的な対応

ゆっくり休ませた上で子どもの話に耳を傾けてあげましょう。

子どもの感情を受け止めてあげ、

イライラして友人とトラブルを起こしても、

そのことを責めずに、「なぜそうしてしまったのか」という理由を聞き、

共感したうえで、対処方法を一緒に考えてあげるのも一法です

 

 

 

③安心出来る環境作り

「○○学校に受からないと将来大変!」「勉強しないと大変になる!」などと不安をあおらないことが前提です。

気持ちが落ち込んでいる時には、

その子どもの出来ているところを見つけてあげて、褒めてあげると安心しやすく、

自信が育まれるでしょう。

 

 

 

④薬物療法

環境を変えてあげても症状が改善しない場合は、薬物療法も大切です。

専門の精神科の先生と話し合いながら、納得して飲み始められることが望まれます。

 

 

 

すべての子どもが健やかに育つことを祈って。

 

秋のバラが咲き始めました。

 

 

 

皆様にお知らせです

 

E-mailでお問合わせくださる場合、パソコンからのメールが拒否設定になっておられると、こちらからの返信が返ってきてしまい、連絡がとれない場合があります。

 

そのため、パソコンからのメールを受け取れるように、拒否設定を外してくださると幸いです。

 

また、その様な時のために、電話番号も教えてくださると幸いです。

 

 

 

なおこ心理相談室 」 臨床心理士 足立直子

 

 

「なおこ心理相談室」のホームページはこちらです→☆