無駄なものはない

テーマ:

皆様、こんばんは。

 

 

 

札幌市近郊恵庭市のカウンセリングルーム「なおこ心理相談室」の臨床心理士の足立直子です。

 

 

 

恵庭は今年は秋が早いのか、

お盆を過ぎたら涼しい風が吹き始めました。

今日はちょっとジリジリ暑いです。

少しずつ秋に移行していく雰囲気を感じています。

 

 

 

以前紹介した

精神科医の村田忠良先生の著書

「老いの人間学」からの言葉です。

 

 

村田先生は診察の中で、

よくお年寄りの患者さんから、

 

「生きていたって

何の役にも立たない。

立たないどころか

迷惑かけてばかり。

死んだほうがいい。

ちょっと薬を盛ってくれないか」

 

 

などと言われることがおありだった、といいます。

 

 

村田先生は、ここで、イタリア映画の「道」

の中の言葉を出しておられます。

 

女主人公のジェルソミーナに

ピエロ役の男が言うセリフです。

 

 

「路傍の小石だって、

僕たちには分からない存在理由があって、

そこにあるのだろう。

神様がむだはなさらないはずだもの」

 

 

このセリフを受けて、

村田先生は、

お年寄りたちに、

 

「そこにいてくれるだけでよい。

生きていて下さるだけでよい。

そんな存在があるものだ」

 

「もの言わぬ墓一つだけが、

親族の絆になっていることも

少なくないのだ」

 

「‘わたしゃ無形文化財よ’

と威張って

長生きしてよいのである」

 

とエールを送っておられます。

 

 

 

年を取るということは、

精神的な成熟に向かうことでもあり、喪失体験も含むものと思われます。

生老病死、ブッダが分けた4つの苦しみの中にあります。

そのような喪失体験と対面する時、

村田先生のエールは心に響くことでしょう。

 

 

 

私の祖父は、亡くなる前には身体は老いていましたが、

精神性高く、仏教心にも篤い人でした。

いくどとなく、人間としての教えを、私も受けてきました。

亡くなった今も、私の中に毅然とした姿をみせてくれます。

 

 

 

 

 

皆様にお知らせです

 

E-mailでお問合わせくださる場合、パソコンからのメールが拒否設定になっておられると、こちらからの返信が返ってきてしまい、連絡がとれない場合があります。

 

そのため、パソコンからのメールを受け取れるように、拒否設定を外してくださると幸いです。

 

また、その様な時のために、電話番号も教えてくださると幸いです。

 

 

 

なおこ心理相談室 」 臨床心理士 足立直子

 

 

「なおこ心理相談室」のホームページはこちらです→☆