cleartone558さんのブログ

cleartone558さんのブログ

主に中学から高校にかけて集めていたレコードを紹介しています。

1980年代のレコードが多いデス♪


テーマ:

10回目を迎えた『 中洲JAZZ 2018 』

 

きのう友達のK太ちゃんと行ってきました~~ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

 

18時、博多リバレイン一階のレストランへ到着。

 

10会場あるうちのひとつ、Cステージ横にあります。

K太ちゃんがテラス席を予約してくれてました ≧(´▽`)≦

 

ステージは見えないんだけど演奏はバッチリ聴こえるなか、

ピザを食べながら腹ごしらえ。あとパスタも食べました (*^o^*)

川沿いだから眺めもいいしそよ風が気持ち良かったデス!

K太ちゃんのおかげで優雅なひとときを味わいました♬

お店予約してくれてホントありがとうー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

 

席からの眺め。横が博多川です。

夕暮れどきからゆっくりと夜が更けてゆく~~星空キラキラ

そしてJAZZ♪♪ サイコー!

 

 

 

19時ごろから中洲大通りへ移動。

 

 

 

 

ひぇ~~!とにかくごったがえ!ステージがよく見えましぇん (。>0<。)

 

 

 

左端、わずかにステージが見えますね。

ギターの小沼ようすけトリオが演奏してたみたい。人気あるねえ♫

ジャジーですごい雰囲気良かったですよ音譜音譜

 

音だけ聴きながらズンズン移動して行きまーす (´0ノ`*)

 

 

無理やり聴衆の中に潜り込む。

三管編成の地元ジャズ・コンボ「福岡城」の演奏。

けっこう盛り上がってた!

 

そしてメインのAステージへ。

 

 

19時半ごろ。であい橋のほうから行ったんだけどめちゃ混み!

ステージエリア内に入れなーい (。>0<。)

いったん明治通りへ迂回して天神側の正面入口へ。

 

 

ところがあまりの多さにこちらも入場規制がかかっていた!

 

 

でもそんなことにかまっていられない。構わず中に入ってゆくー。

 

 

 

ブース裏側からこっそり入っていくと貴賓館前の特設ステージが見えてきたよ。

更にじわじわと突き進んで行きます。

そして・・・

 

 

なんとか演奏が見える場所を確保!

武田真治の雑音のような演奏を我慢して聴いたあと(ファンの方ごめんなさい)、21時、大トリの日野皓正クインテット登場音譜

 

 

 

一曲目は近年では珍しくフュージョン時代のナンバーから「スティル・ビバップ」が演奏されました音譜

相変わらずのハイノートに度肝を抜かれる。何この肺活量!

もうじき76歳というのに信じられない。

 

 

 

 

 

 

ギターに「もっとテンションを上げろ」と挑発するようなジェスチャーをし、ギターに向けて吹きまくる日野さん。ギターも負けじと弾きまくる。凄まじいバトルが展開されました。ただただ圧倒!

 

2曲目は故・日野元彦氏が作曲した「 IT’S THERE 」と3曲目(皓正氏のオリジナル曲)を続けて演奏。

1999年に53歳にしてガンで亡くなった日野さんの弟 元彦氏は世界的なジャズ・ドラマーでした。元彦氏の曲と自分の曲を続けて演奏することで一緒にプレイしているような感じがすると言ってました。

 

合わせて20分強、70年代初期のマイルスやリターン・トゥ・フォーエバーを思わせるようなハイテンションな演奏が繰り広げられたのでした音譜

 

 

 

他のパートがソロをとってる間もカウベルを叩いたりマラカスを鳴らしたり踊ったりしてましたびっくり 日野さん動きが若い!

 

4曲目はジャズ・ピアノの巨匠セロニアス・モンク作曲の「ラウンド・ミッドナイト」をしっとりと演奏音譜 秋の夜長にバラードでうっとりもみじ

 

 

ラストは他のバンドのミュージシャンも参加して東日本大震災チャリティーソング「 NEVER FORGET 311 」を演奏音譜音譜

飛び入り参加したサックス、ドラムにも日野さんがソロを指示していく。

 

飛び入りドラムのPAが間に合っていない。突然のジャムセッションに音響があたふたしてるのが感じ取れる。ほとんど生音だ。もう何が起こるかわからない。これぞジャズ!といわんばかりの状況。

そして大団円のうちにライブ終了~~!!

 

 

と思ったら日野さんが唐突に「ふるさと」を吹き始めた。

帰り始めた人も立ち止まり日野さんの演奏に聴き入る。

日野さんらしい締めでしたニコニコ

 

 

 

 

 

キャナルシティに寄りながら帰りました照れ

 

 

今回も楽しかった~~ですアップアップ

 

 

 

ありがとう 中洲JAZZ 2018

来年も行くよー照れ

 

 

 

 


テーマ:
昨夜は(も?)仕事から帰ってご飯食べてそのあとソファーに倒れこんでバタンキューだった。
まだ鶴瓶の家族に乾杯が放送中だった。どんだけ早い時間だ(笑)

何時かわからないけど「寒かろ?」と言いながら母が毛布を掛けてくれたような気がした。

そして今朝、目が覚めたら毛布が掛けてあった。
夢ではなかったのね(^-^)

認知症の母はふだん人に気をかけるということはまったくなく常に不安がっていて記憶もすぐ飛びいまだに家のトイレがどこにあるかもわからない。
とにかく子供みたいな感じだ。

たぶん毛布を掛けてくれたこともすっかり忘れているでしょう。

今朝の部屋の気温24度。

毛布がなかったらちょっと肌寒かっただろうね。


毛布をかけてくれてありがとうでした(^-^)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス