オフィスに海外からの電話が!「国際電話の受け方これだけは」② | 東京新宿・大阪|初心者対象・大人の基礎英語英文法教室 Clear Colors

東京新宿・大阪|初心者対象・大人の基礎英語英文法教室 Clear Colors

東京新宿&千代田区内・大阪北浜&淀屋橋にて、中学英語の文法を基礎から学びなおし(やり直し)できる、社会人対象の大人の英語塾。
英文法だけでなく、TOEIC対策も丁寧に教えるスクールです。

海外からの英語での電話応対、第2回目です。英語初心者があわてずに国際電話を受ける、その表現をどうぞ。

前回の記事でも書いた通り、電話をかける表現と受ける表現をいっぺんに覚えると難しくなります。欲張らないこと。これが成功の秘訣。

究極わからないときは“Just a moment,please.”と言って保留ボタンを押して助けを求める。これをしっかり覚えておきましょう。でもいつもそれではカッコ悪い。間違っても口ごもってもよいから言える範囲の表現を増やしていきましょう!あ、でもいっぺんに欲張らないでね。

英文を一気に覚えると頭がこんがらがってしまう方に文の構造をつかむコツをアドバイス。
前置詞(with, fromなど)の前で切ってみるとわかりやすい。

I'll connect you  / with Mr.Tanaka.
あなたをおつなぎします / 田中さんに


では実際に表現集をどうぞ!

【基本編】 
電話を受けて取り次ぐまで(担当者が在席している場合)

電話機にナンバーディスプレイがある場合は海外からの着信だとわかるので、その場合は英語でスタート!(ない場合はいつも通りに日本語で社名を名乗ってくださいね)

Hello, this is あなたの会社の社名. How may I help you?
はい、○○社です。ご用件をどうぞ。

→注意。覚えやすい表現なので慣れると流ちょうに話してしまうのですが、そうなると「おおおっ、英語ができる!!」と相手に思われてしまい勢いよくまくしたてられます。本当に英語が苦手な場合は最初からあまり早口にならないように^^。

May I have your name (your company name), please?
お名前を教えていただけますか。

*May I ~?:(私が)~しても良いですか。

Are you Mr.Smith from ABC company, right?
ABC社のスミスさんですね。
*ABC社の:from ABC company

I'll connect you with Mr.Tanaka.
田中におつなぎします。
*田中に:with Mr.Tanaka

Just a moment, please.
少々お待ちくださいませ。
→最悪④は言えなくてもかまいませんが、⑤だけは言ってください。過去の私のようにいきなり無言で電話を切らないようにね^^。

お疲れさまでした!いつもこうスムーズだと良いけれど、まあそういうわけにはいきませんね。では、こんなときはどうしましょう?

【相手の英語が聞き取れない】
Could you speak more slowly?
もう少しゆっくりお話ししていただけますか。

Could you say that again?
もう一度おっしゃっていただけますか。

*Could you ~? :(あなたが)~してくれませんか。
先ほど紹介したMay I ~?と反対の表現。この2つはしっかり押さえておきましょう。役に立ちます。

なおWould you ~?でもOKです。ネイティブの感覚ではCould you ~?とWould you ~?のニュアンスは異なりますが、初心者のみなさんに関しては、まずはご自身にとって言いやすい方をチョイスしてください(私はCould you ~?が言いやすく、これまで英語を教えてくれたネイティブ講師たちもこっちを使っていました)

焦って頭真っ白になって何も言えなくなったときは“Please speak more slowly.” と「丁寧にゆっくり」伝えてください。気持ちをこめれば相手を怒らすことはありませんので大丈夫。英語が苦手なんだなとさすがに気づきますし、またその方が良いのです。


【相手の名前のスペルを確認したい】
How do you spell your name, please?
お名前のつづりを教えていただけますか。

S-M-I-T-H , Mr. Smith.
エス・エム・アイ・ティー・エイチ、スミスさんですね。
→一文字一文字区切りながら丁寧に。

“M” as in Mexico, right?
“M”はメキシコの“M”ですね。
→アルファベットを確認するとき「国名」など皆がわかりやすい単語を使います。アルファベット別の単語一覧はこちらからどうぞ。


ちょっと長くなったので続きは次回へ。「担当者不在のときはどうしよう?なんていうの?」「もう無理!これ以上わからない!」など一番困るときに使う表現を投稿します。

なお、第一回目の国際電話の受け方の記事はこちらから。




=中学英語からの学びなおし講座=
大人の学びなおし英語塾(英文法)/ 大阪

http://www.clearcolors-japan.com/

東京新宿・大阪|社会人対象・大人の初心者基礎英語文法教室 Clear Colorsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります