【書評】宇宙兄弟「完璧なリーダー」はもういらない | オモロく生きていく!

オモロく生きていく!

人生を豊かに、オモロく生きよう!
そんな日々を綴っていくブログです!

といいつつ、完璧を目指さずゆるーーくやっていきます☆


テーマ:
やっぱり、本を読むのは楽しいですね(≧▽≦)

自分の考えを知るのに、すごくいいです♪

ここは賛成だなとか、自分はここは違うとか考えられるので、
自分の反応から自分がどういうことを考えているかわかったりしますからね!


ということで、今回はこの本の書評(*´ω`*)

宇宙兄弟が好きなんで、すごく理解しやすかったですね♪





宇宙兄弟を題材に、
リーダーはどう言うものかを
うまく書いてあります♪

この本では、
愚者風リーダーを勧めています!

賢者風リーダーは競争の世界に入りやすく、
トップダウン時代のマネージメントのときは良かったかもしれないが、
どうなっていくかわからない時代にはあまり適していないと書いてます。

なので、愚者風のリーダーを勧めています。

等身大で生きることができるし、
すべきではなく、したいで、色んなことを進めていくことができます☆

なので、よくあるリーダー像とは異なるところが、
僕自身にはいいなと思いました!

グイグイ引っ張っていくというより、
みんなで力を合わせて、
個性を活かせていけるのがいいですね(≧▽≦)

そんなチームは最高です!




また、
リーダーはWhyを語るとも書いてあります。

何を(What)やどうやって(How)よりも、
なぜを語る方が、
チームとして、個人の力を引き出せるわけです!

主体的に動けるチームにしたいのであれば、
なぜ?に共感したする必要があると書いてあります。

何を?や、どうやって?は伝えるのは簡単ですが、
それは単純なことを伝えることはでき、同じことを繰り返す分にはいいと思いますが、
状況によって対応するという場合には、
難しいのかなと思います。

なぜ?に共感しているからこそ、
個々人がその場その場で臨機応変に対応していけるのかなと。

自分に当てはめてみても、
理由を教えてもらえれば、主体的に動けるけど、
ただやれと言われたら、最低限のことしかやらないですからね。

やっぱり、理由を語るっていうのは大切ですね( ´∀`)

また、順番もあって、
なぜ?→どうやって?→何を?
の順番で語る必要があるとも書いてあります。

ついつい、何を先に言ってしまうこと多いですよね??(^o^;

そのあたりも大切ですね!!







JIROさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス