時間なんて必要ない。本当のクレンリネスへの第一歩 | クリニック キレイ大作戦

クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!


テーマ:
どんな環境でも、
クレンリネスの本質を理解して、
そのまま行動されれば、
環境を変える事は難しくない。

それを実行され
5月の『院内クレンリネス講座』から
たった3ヶ月で
クレンリネス環境にされた


その後の状態を確認するため
16日に訪問しました。

ちょうど講座から半年です。

スタッフさんが1名減り、
以前よりさらにお忙しい毎日と言われていました。

しかし、クレンリネスは
しっかり継続されています。

私が伺うと、
「コバヤシさん!乾拭きモップはどれくらいで交換したらいいですか!?」
と、すぐに質問が(^_^)

「ボロボロになるまで使い切ってください!」
「性能が落ちる事はありませんから。」

と、乾式モップを見ると、
もう2~3年は使われているくらい
取れない汚れが。

※マイクロファイバーモップは、何度でも洗濯して使えますが、歯科のフロアーの様々な汚れの中には、洗濯しても取れないものがあり、それで次第にモップが汚れて行きますが、性能に変化はありません。

フロアーのワックスは持ちがよくなり、
シンクは相変わらず銀色に光っています。

最も維持が大変なその2箇所が
その状態ですから、
他も状態が悪いはずがありません。

クレンリネスが完全に根付き始めています。

その秘訣は?

私もそれを探る事が、
チェックに伺う
もうひとつの目的ではあります。

そして、答えは???

これは基本的な
当たり前の答えになってしまいます。

これまでの医院の歴史の中で
増えていく患者さんに対して
良い診療を続けるために
様々な工夫をして来られています。

「毎日が運動会です!」

この名言からわかるように、
皆さんが、医院の忙しさを
自分達の努力が患者さんに伝わったと
実感されながら毎日さらに努力されている。

それが患者さんとスタッフさん、
スタッフさん同士
先生方とスタッフさん
その信頼関係に繋がって来たのだと、
スタッフの皆さんのお話しを聞いていて、
皆さんを見ていて、
そう思えてなりません。

その中で、医院の環境が気になり始め、
クレンリネスを知った。

キレイに回復させる方法。
キレイをキープする方法。

それを知り、

『自分達が、的を射た行動をすれば
望んでいた状態にできる。』

そのうれしさ、楽しさを
実感されているのだと思います。

これはまだお聞きしていないのですが、
お忙しい中、医院の汚れが
だんだん気になって来ておられ、
これまでに何かの行動を試されたのかも知れません。

しかし、思うようにはいかなかった。

そこに、先生のお知り合いの医院様が
クレンリネスで成果を出されている事を知り
試されると楽しかった。

こんな流れかな?

そう思わずにはいられない
明るい雰囲気をいつも感じます。


一言では表現できませんが、

『クレンリネスミーティング2018』で
私が口走り、
司会者の大学生からベルを
チーン
と鳴らすダメ出しをされた
あの一言(笑)

クレンリネスは○○だ!

それが正解、なのかも知れません(^o^)v

これはクレンリネスミーティングで
毎回言うと思いますので
解答を知りたい方は
クレンリネスミーティングにご参加を!(笑)

ちなみに、デンタルダイヤモンド誌10月号
TOOTH STATION 129ページの
『クレンリネスミーティング2018』取材記事
に、その、私の一言が書かれております(^^)



たかきやすたか歯科クリニック様のクレンリネスは以下の記事に書かせて頂いております。
素晴らしいクレンリネス医院の紹介『クレンリネスミーティング2018』

デンタルクレンリネスプロジェクト 小林宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント