スピットンは『どんな状態がいい?』 | クリニック キレイ大作戦

クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!


テーマ:
院内ミーティングなどでユニットチェックをする時、

『スピットンはエプロンで拭いてますがそれでオーケーか?』

『マイクロファイバークロスかペーパータオルか?』

そんな事をスタッフさん同士話され、

『前の医院ではこうだった』

とか言う人が出て来て、

『それは拭いた後どう処理しているのか?』
と言う話になり・・・・・

結構長い会話になる事が少なくありません。

その間、私はずっと〝ヘェー〟〝ヘェー〟と
聞いています(^^)

やっと話が終わり、

『で、コバヤシさん、どうしたらいいですか?』

となる(笑)

さて、どうしたらいいのか・・・・



ではなく、

デンタルクレンリネスでは、

『いつもどう言う状態であればいいのか。』

から考える。

なのですね^^。

『そういう状態になっているかどうか。』

なっていない場合

残っているのが何の汚れかを明確にし

なぜその汚れが残っているのかを突き止め

これから残らないようにするには、どんな方法が有効なのか

を考えます。

必ずこの順番です‼️


医院ごとに、患者さん入れ換えの時の状況は違います。

時間だけ考えても、
4.5分あるところから
45秒で入れ換え
と言う医院様まで様々。

45秒の時は、
やりやすい方法、
時間のかからない最低限の方法。
になる。

どんな状態がいいのか


と言うと、


こんな状態がいい↓↓↓↓






患者さんごとに、
こんな状態にするにはどうすればいいのか。

それを皆さんで考え、
決めた方法を全員で共有して実行する。

条件に合う方法を採りながら、
うまくベストな準備にならないようであれば
また方法を考え、改善して行ってください!


目的(どう言う状態にするか)→方法


目的は

1、水滴がない。
2、薬液などのシミがない。
3、水垢がない。
4、排水部分に酵母 (注) がない。
5、カビがない。
5、ガラスのスピットンは外面に水の跡がない。
6、素材を問わず、表面が完全に滑らか。

この状態が正しいです。

迷う事は何もありません。


診療中のスピットンの写真は
なかなか撮れませんので、
すべて診療終了後の写真です。

しかし、この写真の医院様は皆
診療中もこのような状態に、
患者さんごとにリセットされています。

デンタルクレンリネスプロジェクト 小林宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント