『院内クレンリネス講座』から3カ月の抜き打ちチェック! | クリニック キレイ大作戦

クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!


テーマ:

5月に『院内クレンリネス講座』を実施してくださった
福岡市博多区のたかきやすたか歯科クリニック様に

〝診療中アポなし抜き打ちチェック〟に行きました。

 

待合室に入った瞬間
「来るタイミングを間違ったかも・・・」
「忙しすぎる・・・・」
と、焦りました。

 

しかし、お聞きすると、いつもこんな状態との事。
日々、患者さんが非常に多い医院です。

講座の時、最後に皆さんと約束した事があります。
私が抜き打ちチェックに来た時に
消毒技工室のシンクをピカピカにしておく。

フロアーのモップがけを習慣にしておく。

この2点。
福岡には

2月・5月・8月・11月と私のスケジュールが決まっているので、抜き打ちチェックは早くて講座から3か月後、と言う事が皆さんわかっています。


そして・・・・

てんやわんやのお忙しさの中、3か月前の院内クレンリネス講座の時に約束された事をしっかり実行されていました

「時間が取れないから、合間合間にするしかない。」
「石膏を流したらすぐにシンクを洗うんです!」



 

そんな事がすでに皆さんの習慣になっていました!


実はこれ、
これがクレンリネス、なんですね。

まとまった時間を使わずに、
合間にやる。


汚れの原因のうちに処置する。

 

状況からやむを得ずの行動ですが、
結果的に正しい方法を採られています。

クレンリネスをしっかり理解されているからこその判断です。


消毒室でお話しをしていると、他のスタッフさんがモップを取りに来られ、診療室の床の気になる部分を素早く拭いて業務に戻られた。
その鮮やかさ(^^)/


写真を撮るのが間に合わず、お一人しか写っていませんが
本当は二人で拭かれていたんです。
写真をモタモタしている間にお一人はさっさとモップを片付けて診療に戻られた。

それくらい速かった!(笑)
いや、本当に。
カッコよかったですよ、
医療の現場の人!って感じで^^。
 

 

 

 

 
最後に受け付けの方が
「ココを見て下さい!」と、受け付けの足下を。
拝見すると、講座時にお伝えした事がきちんと整備されていました。
素晴らし過ぎる!!


私が医院に到着した時から大変お忙しそうな空気はビシビシ感じました。

で、最初、待合室から診療室に入るタイミングを見計らっている時のこと。
診療室入り口に一番近いユニットで患者さんを診ておられた方が、
次の患者さんを呼ばれた時だったか、
待合室の方に声をかけて中に戻る時に、
通路に落ちている何かを、ティッシュペーパーを持ってきてサッと拾われた、2回。

私の位置からは落ちていたものが何かはわかりませんでしたが。

それがとても素晴らしかったのも付け加えておきたいです。

あの忙しい中、通路に落ちている小さなゴミかホコリかに気が付いて、サッと拾われる。

これが、できるようでなかなかできない事(^^)/

 


医院全体で、3カ月で、やれる事はキッチリ実行しておられた。

これから着々と
クレンリネス環境
へと進んで行かれることは間違いありません。
 

お忙しい最中、抜き打ちチェックに来てこれだけ喜んでもらえるのは本当にうれしいですし、こう言う皆さんに、クレンリネスをお伝えできてよかったと思える瞬間です。


5月に行った、『院内クレンリネス講座』の時の写真です↓
本当のスタッフ数はもっと多いデス^^。

デンタルクレンリネスプロジェクト 小林宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント