キレイが前提の医院設計 | クリニック キレイ大作戦

クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!


テーマ:
医院をキレイに保ち、
患者さんに信頼され、
安心して通って頂ける。

キレイな医院で気持ちよく働ける、
環境のよい、自慢の医院、

それを求められる事が増えています。

医院オープン前からスタッフ全員でクレンリネスを学び、日々実践していく。

歴史ある医院では、まず今までの環境を改善するところから、みんなで始める。

さらに、医院の設計段階からクレンリネスを視野に入れて考えて行く為のコンサルティングのご依頼も増えて来ています。

今回は福岡市中央区大名で、医院をリニューアルオープンの予定の先生。

お父様と一緒に歴史を積み上げられて来た医院を完全に改装される。

先生と設計士さん、そしてワタクシでクレンリネス環境になる院内設計を話し合いました。

以下、デンタルクレンリネスプロジェクトのホームページ、『クレンリネス設計コンサルティング』のページから

歯科医院をキレイに維持する為の構造的なポイントはいくつもあります。

クレンリネス環境としての空気の流れ
クレンリネスツールの配置
清潔に維持しやすいフロアー材の選択
清掃できる内装材の選択
外部からの汚れを遮断しやすい対策
クレンリネスを実行しやすい水回りの配置
汚れにくく、清掃しやすい水回りの素材
汚れにくい設備
クレンリネスキープの為の電源の数、配置
使われる医療資材に対応する内装材の選択

日々の作業がしやすく、クレンリネス面でも効果があるレイアウトのポイントについて「設計図の前段階」でアドバイスを行います。

改装・リニューアル時は、これまでの院内の汚れ方がわかっていますので、場所ごとに的確な対策(使用素材・配置や形状の工夫)が可能です。


医院にあるユニットはみな、かなりの年代物にも関わらずとてもキレイです。
大切に使われて来た事がよくわかりました。
新しい医院を、キレイにしやすく汚れにくいカタチにして行ければいいですね\(^o^)/

デンタルクレンリネスプロジェクト 小林宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント