良いクリーニング屋に見分ける5つのポイント | クリーニング屋が伝える上手なご家庭洗濯のブログ

クリーニング屋が伝える上手なご家庭洗濯のブログ

大阪羽曳野市恵我之荘 クリーニングビーの代表壁下がご家庭での上手な洗濯の仕方を伝えます。すこしマニアックかもしれないけど絶対損はしないブログ でもたまに楽しいブログも書きます(笑)


テーマ:
友達とお話しているとよく言われる言葉
『いいクリーニング屋が近くにない』とよく言われますが。
そもそもクリーニング屋は全国的に技術は大して変わりません。

激安クリーニング店や高級クリーニング店がありますが、
どのクリーニング店でも同じ溶剤で洗うし、同じ水で洗います。
洗剤だって、高級クリーニング屋さんは高い洗剤を使っているか?
と言われればそうではなく、逆に激安クリーニング店の方が
洗剤をブレンドする行程を減らす為にいろいろ入った洗剤を
使っていることもあります。
僕が考えたクリーニングを選ぶときの考え方を書きますね。

あなたに合ったクリーニング店を選ぶ5つのポイント

1、工場一体型のクリーニング店を選ぶ

日本全国にクリーニング店は13万軒あると言われています。
そのほとんどは直営店と呼ばれる。受付だけのお店です。
お店の奥ではクリーニングしたりせずに、お客様から
お預かりするだけのお店。
私たちのようなクリーニング屋は一つのクリーニング工場で複数のお店の
クリーニングをするのが普通です。

そこで起きるのが、クリーニングの知識の差であり、
お客様の質問に対するスピーディーな対応となります。

例えば、『このシミ落ちますか?』と聞いた場合
クリーニングの機械を置いていない直営店では
『染み抜きしてみないと分かりません』
という答えになります。

しかし、工場付きの店舗では染み抜きを出来るスタッフが数人いるので
その場である程度、落ちるか落ちないかが分かることがあります。
毎日、工場でクリーニングしているので、預かるだけが仕事のスタッフをは
専門的な知識は工場付き店舗にいるスタッフの方があります。



この図は弊社羽曳野店の店舗とクリーニング工場
クリーニングを受付するレジの後ろは、大きな洗濯機や
仕上げをするプレス機が並んでいます。

後ろにクリーニング工場があると、工場の担当者が接客する
こともありますので、お客様のご要望が直に届きます。
こういった『クリーニング工場併設店』でクリーニングを出される事が
一番だと僕は思います。


ちなみに、直営店はこんな小さな窓口でやっています。





2、価格で選ぶ


高いクリーニング屋さんがいいのか?
安いクリーニング屋さんがいいのか?


『クリーニングする衣類』によってクリーニング屋さんを
選んでもいいと思います。

シャネルの洋服を着る人だって、ユニクロも着る時代なんです。
洋服によってクリーニング屋さんを選びましょう。

では、クリーニング屋さんの高いお店、安いお店はどこで見分けるのか?
僕はスーツの料金で見分けるといいかと思います。
ワイシャツの値段ではいいクリーニング屋さんか見分ける事ができません。

僕がオススメするクリーニング店の相場は
スーツ上下 1000円から1500円
(1000円以下のお店は安売り傾向になります)
スーツ上下1500円以上のお店は高級店かと思います。

『洋服の代金の5%がクリーニング料金に相当します』

10000円のシャツなら500円
30000円のセーターなら1500円
50000円のコートなら2500円
100000円の革ジャケットなら5000円

常に5%をクリーニング代金の基準として考えてください。

スーツの場合は3%を基準に考えて下さい

50000円のスーツなら1500円
100000円のスーツなら3000円

例えば
3万円のカシミアのセーターをクリーニング代金250円のクリーニング屋さんに
出すことは僕はオススメしません。しっかりとカシミアコースのあるクリーンング店
にお出しする事をオススメします。

でも3000円のユニクロのセーターなら5%は150円ですので
クリーニング代金が250円のお店で十分だと思います。
これが洋服によってクリーニング屋さん、クリーニングコースを選ぶということ
です。

また、ワイシャツの値段でクリーニング屋さんの見分けは出来ないと
書きましたが、理由を書きますね。

最近のクリーニング店はワイシャツ 99円!!なんか当たり前
地方にいくと1枚69円のクリーニング屋とか見かけます。
ちなみに弊社の価格は210円~300円
(店舗によって料金が変わります)

ワイシャツの値段が安いから品質が悪いか…
決してそんなことはありません。
毎日着替えるワイシャツを安く設定して、スーツなどの一般衣類を一緒に
クリーニングに出して頂くという戦法なんです。

また、この安く設定されているのは『真っ白のシャツ』のみ
という設定にされているクリーニング店も多く見かけます
少しでも白色以外の生地が使われていたり、
白以外の縫い糸が使われていても、値段が違うこともあるみたいです。

ワイシャツの値段に惑わされずに、
スーツの料金でクリーニング屋を見極めてくださいね♪




  
3、女性ならブラウス 男性ならダブルカフスのシャツで品質を見るダブルカフスがない場合はカジュアルシャツでも可  


クリーニング屋さんの品質もお店の外見だけではわかりません。
一度出してみないと分からない。テストでクリーニングするなら
女性なら『ブラウス』、男性なら『ダブルカフスのワイシャツ』
ブラウスもダブルカフスも機械でプレスできない衣類です。
どうしても、人間の手が必要

ダブルカフス


ブラウス

 
どれだけ、上手に人間の手が加えられているか。
その技術の結晶が現れるのが、『ブラウス』と『ダブルカフスの袖口』
この2点はサイズ・形を統一できないので、機械が出来にくい商品です。
どうしても人間の手が必要

どこまで、人間の手でキレイに仕上げられるか、
一番見やすい所です。

 
また、洗いの技術を判断するなら

『白色の綿の衣類』をクリーニングに出す事をオススメします。
お客様が洗いに不安を感じるのは『白さが失われた時』
白い洋服を数回出しても違和感が感じられない場合は
洗い行程に関しては合格点が出ると思います。





  
4、染み抜きの技術なんて看板やチラシで技術があるかないか?なんて見抜けない。少しづつ洗濯物を出し続けることが大事


僕たちクリーニング屋さん向けの業者さんにはこのようなノボリを
販売してくれる業者があります。
いや、AMAZONで買えるんや・・・





ほんと、町を走るとクリーニング屋さんでよく見かけます。
最近では安売りのお店でもこのノボリを上げている。
技術なんて出さないと分からない。

少しづつ、少しづつクリーニング屋さんに染み抜きを
お願いしてください。
 
たぶん『これ以上やると生地が傷みます』と言われます。
そうすると、以下のように受け答えしてください。
お客様『今のままでは着れないのでとことこやってください』
クリーニング店『わかりました。これ以上染み抜きすると、本当に着れなくなる可能性があります。それでもいいですか?』

と言われると思います。

そこまで、覚悟をもって染み抜きするお店なら預けても大丈夫

染み抜きが得意でないお店は、
『申し訳ないです。これ以上は生地をいためます』
の一点張りです。
 
そのような時は。違うクリーニング屋さんを探せばいいんです。

こうやって、いろいろクリーニング店を探してください。
時間がかかるかもしれませんが、我慢してくださいね♪
すぐにクリーニング店といい関係なんてできません。
でも、ゆっくりゆっくりお客様とお店は関係性を作り上げていくものです。
 



  
5、出来るだけ近所でいいクリーニング屋を見つける。
  なければ、宅配やネットで洗う事もOK  


出来るだけ近所のクリーニング店を利用してください。
クリーニングが本当に必要なときって、『シミがついた時』
『明日、洋服が必要になった時』など、緊急時が多いです。
そんな急いでいるときに、ネットで探したり、僕のクリーニング店に
郵送している暇なんてありません。

出来るだけ地元でいいクリーニング店を探す。
これが一番いい方法です。
 
それでも、いいクリーニング店がない!!
という方は、宅配クリーニングで探すのもいいと思います。
隣町から車で集配してくれることもあるかも。

それでも、いいクリーニング屋さんが無い!!
という方は 羽曳野本店に送ってください。
僕が対応させて頂きます。


工場併設店 クリーニングビー羽曳野本店
583-0886
大阪府羽曳野市恵我之荘3-5-5
072-954-4669

直営店 クリーニングプラスワン
545-0053
大阪市阿倍野区松崎町2-3-14
06-4399-7500

宅配クリーニング シャトルサービス
0120-654-461
羽曳野地区配達範囲 
羽曳野市・藤井寺市・松原市であり、
大和川、309号、外環状線、南阪奈道路に囲まれた地区

阿倍野地区配達範囲
阿倍野区、天王寺区全域

壁下 陽一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス