DJ SHOW / Libra Magazine | 5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
$5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

2009年8月3日発売のMIX CD「Libra Magazine」。MSC周辺のLibra Record所属のMCのアカペラと、US HIP HOPの有名インストをブレンドした作り。

DJ SHOWをよく知らんのだけど、これは素直に楽しめた。US HIP HOPのインスト上でフリースタイルなんかはMIXテープを聴く上での醍醐味だったりするのだが、一枚まるまるそうなのだからこれは楽しい。

特にピクリと来たのは、JUSWANNAのピエロスタイルをKENNY DOPEのGet on Downとブレンドしたヤツ。原曲の不穏なスリリングさとはまた別の、レイドバックした危うさみたいな雰囲気がツボ。MSCの決断をNASのThe World Is Yoursにしたのも良かった。

全26曲。
殆どの曲は聴き覚えのある馴染みのインストだからか、原曲を聴いた時よりもリリックが耳に入り易い。オリジナルのトラックが軒並みイケてないワケじゃないんだけど、RUMIのYES(NO)なんかはこのCDで良さに気付いたくらいだし、GOCCIの衝動無限はまた新たな魅力を再発見できた。

いつまでも90年代の音に首を振る俺も俺だけど、Libraの面子ってこういうオケがスゲー合ってる気がする。本人達も承知の上か、普段の活動でも彼らはサンプリングトラックを好む傾向が強いんだけどね。元々がクラシック揃いだとやはり強い。長く聴けそうな好盤ですな。

マイク4本、いや、4000VOLT。




5000VOLTさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス