AKIKO / BACK HOME REMIX | 5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

1996年11月発売のシングル。和製R&Bの先駆けだったのかねAKIKO嬢。このシングルは言わずもがなピートロックのリミックス収録と言う事で当時も軽く話題になってたし、近所の100円ワゴンで見かけたからにゃ拾わんわけにはいかんでしょうが。

1曲目のオリジナルヴァージョンはARTY SKYEのプロデュース。誰ぞ?という感じだが、音の方は全然悪くない。流れるような上モノとAKIKOの声の混ざり具合が耳心地良い。2曲目はピートロックによる、Soul Brother's Midnight Mix。タイトルが示す通り、オリジナルが陽の光を浴びながら聴くのに最適だとしたら、こちらは深夜に部屋で聴くのに適した感じ。

3、4曲目はそれぞれのインストで嬉しい仕様。5曲目は、Soul Brothr's Midnight Extend Mixなんだけど尺が長くなっている以外は2曲目と変わりナシ。6曲目は「KEN-BO Plays "BACK HOME"」なる、KEN-BOによるアルバムのミックスで、これは良かった。スクラッチのみならず、半拍ずらしやジャグリング、「DJ ケンボ~」とTWIGYの声ネタなんかも入ってて、DJの手によるアルバムサンプラーとしてのお手本のような内容でお送りする13分のスペクタクル。

全6曲。
表題曲は、オリジナルもピートのリミックスも水準はクリアーしているが、グイグイと引き込まれる魔力がないのも事実。無難にまとまりすぎたか。それよりもKEN-BOのプレイ聴いてアルバムも聴きたくなった。ちょいと調べたところ、アルバムはSkeff Anslemなんかも参加してるらしいじゃん。おおお…!100円ワゴンで見つけたらゲットしよっと。

マイク3.5本、いや、3500VOLT。




5000VOLTさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス