お肌をふかふかにする乳液の使い方 | 素肌の本質を開花させる美容の手引き
新型コロナウイルスに関する情報について

素肌の本質を開花させる美容の手引き

大阪 心斎橋 お肌のお稽古 いち媛がスキンケアやメイクアップであなたの本来生まれつき持っている肌へと変えていく、ビューティー講座。

こんばんは。

元美容部員

お肌のお稽古 いち媛です。

 

  

個人的な質問はお断りしています。

ご了承下さい。

 

 

美肌になれる核心を伝える過去記事

『自分は乾燥肌だと決めつけていませんか』

②『洗顔料についてのお話』

③『スキンケアはチームで仕事をするもの【1】』
『スキンケアはチームで仕事をするもの【2】』

『スキンケアはチームで仕事をするもの【3】誤解だらけの美容法』

『スキンケアはチームで仕事をするもの【4】』
⑦『スキンケアはチームで仕事をするもの【5】乳液と美容液の違い』
⑧『スキンケアはチームで仕事をするもの⑥クリーと乳液の違い』
⑨ 『ブログを読んでそのまま実行してみたら。。。あらら。』
⑩『その方法は間違いではないけど、ちょっとだけ違うんですよね。セラミドについて』

 

 

 

貴女は

乳液を手でつけていますか?

それともコットンを使っていますか。

 



『えっ?乳液コットンなの?』

 



と思った女子もいるよね。

そう、コットンなんですよ。

 



乳液をコットンで使うと

肌が柔らかく

ふかふかになるのですよ。

 

 

 

更に、

コットンを使うだけで

もっと女子にとって

良いことがあるのです。

 

 


それは、

シワになりにくい肌に

作れるというところ。


 

 

肌が硬いとね、

シワが入りやすくなるのです。

 

 

 

特に目の周りや額は

いつも柔らかくしている方が

いつまでもシワが入りにくくなるので

いいですね。

 

 

 

肌が硬いというのは

どういう感じか、、、

わかりにくいですよね。

 

 

 

言葉で表現するとしたら

乾燥してパキバキしたり

乾燥してつっぱり感があったり

ゴワゴワしたり

粉がふいていたり

そんな感じかな。

 

 

 

 

貴女も

ふかふか肌

育ててみませんか?

 

 

 

 

 

ふかふか肌にするにはコツがある

 

 

 

コットンでつける乳液の使用量は

1回分が

コットンに10円玉よりひと回り大きめ

 

 

 

 

1回分の乳液って

結構、多い~って

思うと思うのです。

 

 

そして、

女子の多くがやりがちなのが

 

コットンに余った~。

 

からの~

 

首につけよ~

ではなくて

 

 

1回分は

顔に全部与えてこその1回分。

キレイになる

ための1回分



余る前提なら

最初から

10円玉硬貨より大き目に出す

なんて言わないよね。

 

 

それなら、

1円玉硬貨より大き目って

言わない?

 

 

 

なので、

ふかふかにするための

1回分は

10円玉硬貨より大き目を

全て余すことなく

何度も肌を優しくふいて

優しくふいて

顔全体で使い切って下さいね。

 

 

塗り終わったら

最後に

キレイになれ!

キレイになれ!

と心を込めながら

手のひらで

顔全体を包んで

馴染ませて下さいね。




ふかふかになった肌は

翌朝、洗顔のときツルツルしますよ。

ファンデーションも

うわぁ~、キレイについてるぅぅぅぅ

ってなるはず。

是非、やってみてねハート



追伸

乳液使ってない女子は

かなり損してると

思いま〜すグラサン