化粧水が浸透しにくくなるスキンケアの順番。 | 素肌の本質を開花させる美容の手引き

素肌の本質を開花させる美容の手引き

大阪 心斎橋 お肌のお稽古 いち媛がスキンケアやメイクアップであなたの本来生まれつき持っている肌へと変えていく、ビューティー講座。

こんばんは。

元美容部員

お肌のお稽古 いち媛です。

 

  

個人的な質問はお断りしています。

ご了承下さい。

 

【M】がついている表題はメイクのお話。

何もないときはスキンケアのお話。

 

 

 

 

昨日の記事は

老化を早めてしまうお手入れ方法の
ご紹介でした。
 
 
今日も引き続き
老化を早めてしまうお手入れ方法を
ご紹介したいと思います。
 
 
 
一見どうでも良さそうに見える
スキンケアの順番。
メーカーによっても様々ですよね。
 
 
 
でも、
どうせ使うなら
効果的に働いてくれる
使い方をしたいと思うのが女子。
 
 
 
その中でも
重要なところは
化粧水と乳液の順番。
 
 
 
 
さてここで問題です。
化粧水と乳液
どちらを先に使用すれば
肌へ効果的に
働いてくれるでしょうか。
 
 
 
チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チーグラサン
 
 
 
答えは
 
 
❶ 化粧水
下矢印
❷ 乳液
 
 
これにはしっかりとした
エビデンスがある順番なんですね。
 
 
 
理由はシンプル。
 
 
 
化粧水は水
乳液は脂(あぶら)
 
 
 
脂を先につけると
水は弾かれてしまいます。
浸透もしづらい状況になります。
 
 
細胞膜や
細胞間脂質は
脂で出来ていますが
乳液の脂とは性質が異なる為
乳液イコールではないのですね。
だから、
乳液が導入剤の役割は果たせませんプンプン
 
 
 
お手入れ前に
美容オイルをつける場合も同じ。
油は化粧水浸透の妨げと
なってしまいます。
 
 
 
乳液の脂は
皮脂膜と同じ性質。
皮脂膜は水分蒸発を防ぐもの。
言わばサランラップと同じ役割。
 

 
細胞膜にサランラップを巻くのは
まずいですよね。
化粧水が入らない~えーん
死活問題です。
 
 
とある化粧品会社さんの使い方とは
真逆なんですけどね。
美肌講座の生徒さんの中にも
真逆な使い方さんがいるのですけど
化粧水右矢印乳液の順番に
変えて貰っていますてへぺろ
 
 
 
順番を入れ替えると
心配になる女子もいると思うのですが
肌の状態は良くなっていますし
この目で確かめているので
問題はございません。
 
 
 
乳液が先だと
100%化粧水が浸透しきれない
この毎日の小さな積み重ねが
肌の老化を早めてしまう結果に
繋がっていくんです。
 
 
 
 
お肌には化粧水で
朝晩満タン。
これを積み重ねていくと
日中の化粧崩れや
日中の肌の乾燥からは
解放されていきます。
 
 
 
 
年齢に関係なくね。
 
 
 
日中、肌が乾かなくなれば
水分は満タン。
バッチリウインク
老化のスピードは緩やかに。
 
 
日中、乾いてる人は
水分補給をしっかりと!
それは貴女が
思ってるよりもっとだね。
生徒さんたちは
『えっー‼️まだ足すんですかびっくり
と言っちゃってます。
そう、そんなに~ですよ。
 
 
 
日中、乾かなくなることなんてあるの?
と思う女子もいると思うけど
それが、乾かなくなるのよ〜グラサン
 
 
 
 
だから、
日中乾く女子は
コットンは叩かずに
必ず滑らせて拭くように
水分補給してね。
そして、
チカラは込めないでねウインク