2つのシミ。紫外線によるシミと肝斑を試してみたの巻 | 素肌の本質を開花させる美容の手引き

素肌の本質を開花させる美容の手引き

大阪 心斎橋 お肌のお稽古 いち媛がスキンケアやメイクアップであなたの本来生まれつき持っている肌へと変えていく、ビューティー講座。

こんばんは。

元美容部員

お肌のお稽古 いち媛です。

 

 

肝斑を排除したくて

努力してきましたが

服用するお薬が体質に合わなくて

途中で断念しました。

 

 

その後、トランサミン導入などの

エステも勧められて

何も知らずに受けたら

水ピーリングというものがセットで

肌がボロボロになり

もう、皮膚科にはいけないな~

と半ばあきらめていました。

 

 

 

ですが、

できることはやりたいという思いから

皮膚科から処方されるお薬や

エステの案内などから

理論的にこういう風にしたら

いいのかな~と思い立ち

ちょっと自分の肌で

実験してみることにしました。

 

 

 

まず、

皮膚科に行くと

紫外線によるシミには

レーザーで取り除ける

ということから

肝斑を排除することから

トランサミンを服用と言われます。

 

 

トランサミンは肝斑のお薬です。

 

 

そして、

ビタミンCのシナールも処方されました。

これは恐らく紫外線による

シミに関してのものなのかな?

と思っています。

 

 


 

私の服用しているサプリは

全てやめるように言われたため

資生堂ピュアホワイトタブレットも

飲む日焼け止めグルタチオンもやめて

医師の言うとおりにしました。

 


 

すると

3ヶ月後は受診する前より

シミが濃くなってしまったんですね。

その時医師は

『ちゃんと服用してましたか』




したわよ!!

サプリやめたお陰で

濃くなったのよ!!

と心で叫んでました。

 

 


 

結論は

処方されたシナールよりも

資生堂ピュアホワイトタブレットの方が

紫外線によるシミソバカスには

効き目があったというわけ。

 

 

 

そして

以下の方法でシミと肝斑対策を

始めました。

 

 

 

サプリメント

●資生堂ピュアホワイトタブレット

●グルタチオン≪病院専用医薬品≫

 

 

 

 

スキンケア

●エムディ化粧品

ブライトニングエッセンス

●資生堂 HAKU 

※私の場合はHAKUを使ったり

エムディ化粧品のピュアホワイトにしたり

その時の気分で替えてます。

 

 

エムディ化粧品のブライトニングエッセンスは




ビタミンCの美容液

※紫外線によるシミ用

 





資生堂HAKUはトラネキサム酸として。

エムディ化粧品ピュアホワイトエッセンスも

トラネキサム酸の美容液

※肝斑のシミ用

 

 

この2つを2019年4月半ばより

2ヶ月合わせて使用しました。

 

 

使用前はこちら

2018年10月

 


 

 

〇のところ見ててね。

 

 

 

2018年12月

レーザーをした

1週間後の写真

 

 


 

 

 

下の〇のシミが濃くなった。

 

 

これが、恐らく肝斑はレーザーを当てると

濃くなるという現象なんだと思う。

濃くなってしまい、

とてもショックですえーん

 

 

 

結局、その後2019年1月に

ライムライトを受けに行ったけれど

薄くなっていないという理由で

更に3ヶ月トランサミン服用と言われ

その後、体調を崩して断念。

 

 

 

 

内服薬は止めた代わりに

サプリも下記に再開しています。

●資生堂ピュアホワイトタブレット

●飲む日焼け止め グルタチオン

 

 

2019年1月予定の

ライムライトができなかったので

トランサミン導入のエステをして

帰宅するように促され

水ピーリングとは知らずに

エステを受けて

肌がボロボロになり

回復するのに3ヶ月かかりました。




2019年3月からやっと治り始め

2019年4月中旬よりスキンケアを

下記の様に変更しました。

 

 

 

 

 

美白スキンケアは下記

●エムディ化粧品 ブライトニングエッセンス

プラス

●エムディ化粧品ピュアホワイトエッセンス

 

 

 

現在は

●エムディ化粧品ブライトニングエッセンス

●資生堂HAKU

の組み合わせにした結果

 

 

 

 

トランサミンの内服薬は全部中止。

トランサミンの内服を止めたら

顕著に肝斑は濃くなりますね~。

●資生堂ピュアホワイトタブレット

●飲む日焼け止め グルタチオン

継続中


2019年6月

 

上の〇はかなり薄くなった。

 

 

ビタミンCブライトニングエッセンスの

美白美容液を足すと薄くなったので

ここは紫外線によるシミだったということが

わかりますね。

 

 

下の〇はあまり変化がないので

紫外線によるシミでない可能性が

高いということが考えられますね。

 

2018年10月(左)

今年の6月のものを比べると(右)

 

 

とても見にくいのですが

上の〇は消えつつあります。

 

下の〇は濃くはなっていますが



2018年12月(左)

2019年6月(右)


 


 

レーザーで濃くなったときよりは

少しだけ薄くなりました。

 

 

ビタミンCの美白美容液の効果が

ここにあることが感じられますね。

 

 

美白は紫外線によるシミからのアプローチと

老化現象からくる肝斑へのアプローチと

両面からすると効果的だということが

私の2ヶ月の実験でわかりました。

 

 

 

コスパを考えると

倒れそうですが

トラネキサム酸の内服が合なかった

というところから

こちらに切り替えて

シミ対策を試みていきたいと

思います。

 

 

貴女のシミはどうかな?