クラリネットを吹く人はビブラートを習得すべき | 工藤尚規@ナオの自由きままな放浪記
2016-11-29 20:00:00

クラリネットを吹く人はビブラートを習得すべき

テーマ:クラリネット(ナオ@工藤尚規)

ひっさしぶりにクラリネットの事、書こうかなって思います。

 

こないだおたクイで本番があって、録音聴いた訳です。私は控えめにビブラートをかけたつもりだったのですが、そしたら意外とビブラートがかかって聴こえないんです。ホールの効果もあるかもしれません。

以前も話しましたが、これって音色をふくよかにする効果だけになるんじゃないかなぁって。

 

ってことはクラリネット吹きにビブラートの感覚って必要じゃん!って思ったわけです。現実プロの奏者でノンビブラートって言いつつ、自覚のないビブラートかけてる奏者が山ほどいます。結局わずかなビブラートが繊細な音楽表現に不可欠なわけです。

 

加えて音色作りに役に立ちます。ビブラートをかけている時の具合によって口の中の作り方や息の流れを変えますから良い音色のポイントを見つけやすいんです。

 

演奏にビブラートが必須までは言いませんが(好みの問題もありますし)技術としては習得しておいた方が良いと感じます。特に音大生の皆さんはチャレンジする価値あります。そこに新しい発見があるかもしれないからです。

 

アンサンブルのハモリ、和音においてはビブラートは必要ありません。でもソロや対旋律は、綺麗なビブラートが音楽の幅を広げますよ♪

 

あときちんとまっすぐロングトーンできな人に綺麗なビブラートは習得できません!ビブラートを使ってごまかして基礎力がおろそかになってはいけませんよ。(自分への戒めも含めてw)

工藤尚規さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス