マレーシアペナン島在住の有馬洋子です。

マーシアは、ロックダウンから1週間、、、、
日に日に取り締まりが厳しくなりました。

プールもスポーツ施設の全て閉鎖、
最初は、OKだったのに

現在、ジョギングやウォーキングも基本的に禁止です。

ショッピングモールは、薬局と、食料品のお店、持ち帰りできるレストランのみ空いています。

タクシーやデリバリーは、コンドミニアムの敷地内に入れないので
今日も、スーパーの帰りに荷物を持って

炎天下の中を入口から自分のブロックまで歩きました。

フラフラです。(笑)


そして基本的に外出禁止なので、子供たちも家に閉じ込められてます。
運動不足が。。。深刻。

息子は、家の中で逆立ちの練習をしています。(笑)


さて、今日は
親子で作曲の事を考えてみよう、の続きです。

中学生にもわかる
親子で考える作曲方法(音楽理論)2回目
YouTubeにアップしました。 こちらからお楽しみください。
https://youtu.be/nqZew-tc0dc


<ドレミなら知っているけど・・・で、CM7って? コードってなに?>
<それ、ギターの人がいつも見ているやつでしょ????>

あ~、その気持ち、分かります。分かります。
今どきの子どもたちは、学校で教えてくれるのかな~
私たちの頃は、ハ長調とか、イ短調とかという言い方で習った、かすかな記憶があります。

ということで、まずは、英語の呼び方を覚えてみましょう。音譜

 

コードと聞くだけで、「わからない、わからない、」を連発するママも

ピアノを弾いた事がある人なら、以外と、とっかかりやすいです。

「なぁんだそういう事だったのか~!」となりますよ。ビックリマーク

お家に楽器がない方は

まずは、スマホにキーボードアプリなどダウンロードしておいてくださいね。

 

長~い春休み。
お子さんと一緒にぜひ作曲にチャレンジしてみてくださいね~!

 

See you