おはようございます◎
だいたいのことを2秒で決断するため行動しながら、あれやこれや決めていくタイプの市川貴章です


止まって考えるってことが下手くそなので、スケジューリングがとてつもなく苦手ということに気がつきました。『他力本願寺の住職』なので尚更です
でも、最高のショーをお見せして、お客さんがスタンディングオベーションをするまでを細かく考えることは面白いよな。飾りはあれとこれがいる。音はこれくらいのボリュームで。お金はいくらあって、いくら使えるのか。などなど。考えるとさらに壮大になり、楽しくて脳みそが興奮して昨日は久々に寝つくまでに時間がかかりました。おそらく5分は経過したでしょう
#いつもは目を閉じたら記憶がない
#のび太かっ

とにかく、僕がやることなんで楽しくさせたいと思います(*^^*)

『ちばる食堂』

ここでやります◎

ちばるっていうのは、沖縄の方言で『ガンバル』って意味
いくつになっても頑張れるって大切で大事なこと
要介護状態になっても、認知症の状態になっても
やりたいことのために頑張るってとても意味のあることだと思う
決して諦めさせたらいけないし、諦めてもいけない

僕は常々『介護社会』と『一般社会』にある壁を壊すと言っている
認知症が何なのか、認知症の状態にある人はどんな人なのか、世間の人は見たこともない触れたこともないのに、勝手なイメージで決めつけてしまうし、麻痺が出現したら色んなことができなくなるから、全部手伝わなきゃいけないとか思っている人も多い

でも、実際は違うし少しのサポートがあればやれることができるし、能力を十分に活かすことができます

そんなことを当たり前に感じられる『場所』を作りたかったので
今回『ちばる食堂』という食堂を作ります
名前の由来でもある沖縄をイメージした食堂です

沖縄そばも出すにあたって、麺の製造も始まっていきます
岡崎✕沖縄の『麺』を作っていきます
この食堂では介護福祉士と共に取得した『調理師』のノウハウをぶち込んでいきたいと思います
介護と料理の両面から笑顔を作っていきますね(*^^*)

介護施設ではない食堂
食堂だけではない地域のたまり場
のような空間になっていくと思います

なので、介護保険制度は使いません
未来を迎えに行きます!

とりあえず、来月の何処かで沖縄行こっ
#今決めた

御意見、御感想はこちらまで