Passのブログ (情報創庫)

不動産投資から株式投資まで、その他国内・海外の見たこと感じたことをただつらつらと書き連ねるブログです


テーマ:
今の時代、20~30代の男性でも、税込や年金天引き前で年収500万円を稼ぐのは、かなり少数派になりますよね。

実際にも、今の時代ですら、もろもろの税や保険代で20%ぐらいが差っ引かれてしまうので、今後にも仮に平均年収が変わらずに、消費税が数%程度上がり、しばらくは緩やかなインフレが続いてしまい、10年で約10%物価が上がったとしたら、どんなに低く見積もっても、収入の35%は税や保険負担で消えてしまうという時代が確実にやってきます。

以前にもブログで書きましたが、ごく普通に都市で居住するために、月25万円以内で生活するのは、決してラクではありません。

お金をかけずに住める家があるかないか?それだけで、月10万円の差が出てくるのは正直かなり大きいです。

日々の住宅費用があまりかからないような親などからの相続を受けられる場合を除きますと、家賃や住宅ローンなどを毎月支払いながら、普段の生活を維持するための家計費は、一般的に考えても月25万円は必要となります。

これから増税やインフレで、負担がどんどん増えていくのはもう決定していますから、約1~2%のインフレ目標で、10年間続いていくのにもかかわらず、もしも今の給料がそのままか最悪にも減少していくんだとしたら、想像しただけで大変な事態になっていきます。

最悪の場合の想定で、大増税時代に消費税20%で、社会保険や介護保険10%増、インフレが10年で20%増になったら、収入の半分が負担で消えてしまいます。

こうなると、年収500万円でも実質250万円で暮らさなければならないわけで、生活がギリギリになることはほぼ間違いなさそうです。

私は不動産の専門家ですが、結局のところで普段の生活費の中から、いかに不動産に関わる支出を減らしていくか?これが将来の破綻リスクに関わる重大な判断事項になると思います。

年収500万円以下の方で、これから給与収入があまり増えそうにない場合では、新築住宅は残念ながら諦めた方が無難です。

昔なら、寮や宿舎などでその経費を浮かすことができたのですが、今は老朽化や経費削減で、なかなかその恩恵に預かれる時代ではなくなりました。

生活費の中で、いかに住宅関連費用をシビアに見ていくかで、未来の生活破綻リスクが軽減できると思いますので、いかに希望する居住不動産の夢をうまく割り切って諦めるかで結果が変わりそうです。

私も、今後は不動産絡みの巨額の経費をいかにしてかけないようにしながら、満足度の高い生活を送るか、いろいろ知恵を絞っていますが、なかなか難しいものがあります。

それほどに自分の住む空間にお金をかけずに満足させる方法を見つけるのは至難の技だったりするものだと痛感いたしますね。



iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Passさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。