『青木千草』というブランドはこうして作られる【ネイルについて】 | CITTA式あなたの未来を予約する手帳術のブログ

CITTA式あなたの未来を予約する手帳術のブログ

思考を変え、行動を変え、やりたい事を叶えたい時から使うCITTA手帳の開発者青木千草のブログ。ヨガ歴15年になるヨガスタジオオーナーが作ったオリジナル手帳の魅力とライフスタイルを綴ります。

 
 
皆さま
 
 
こんにちは。
 
あなたの未来を予約する
 
手帳ライフコーディネーター青木千草です。
 
 
 
 
今朝は、朝の5時半から栗東にありますサロンヒグチへ。
 
そう、例の早朝ネイルをしてくれるサロンです。
 
image
 
 
もう、どんな自分好き?
 
のカナコのサロンのフライヤー。
 
間違いなく彼女は「アヒムサ」(自分を愛する)出来てますね。
 
素晴らしい。
 
 
 
サロンでネイルをやってもらうこと3時間。
 

そう。
5時半からやってもらいましたが、終わりは8時半。(笑)
 
もう8時だから日が明るいやないか〜い(笑)
 
 
なぜ3時間もかかるかというと
 
サロンヒグチのオーナーのカナちゃんは美爪(びそう)クリエイターだからです。
 
※美しく健康的な爪を作る技術を持つ、プロフェッショナルなネイリストである美爪クリエイター。全国の美爪クリエイターについてはこちら
 
まだ全国で200名くらいしかいないそうよ。
 
 
いかに綺麗で健康な爪を作るか?
 
に命をかけるカナコ。
 
いくらネイルした爪が綺麗でも
 
自爪がボロボロなんて、本末転倒。
 
 
 
私も、1年前、ジェルネイルしすぎて、爪がペラペラの薄さに。
 
時々、重いものを持つとベリッと反対側に行ったりして。
 
 
ネイルを剥がすときにどうしても薬剤を使うので。
もうこれはしょうがないのかな〜〜〜と思ってたんだけど。
 
「美爪クリエイターの技術なら、改善できます!!」
 
と豪語するカナコ。
 
 
ほうほう。
 
で、昨年秋から、彼女にずっとやってもらってます。
 
 
したらね。
 
本当にね、
 
ものすご爪が丈夫になったのよ!!
 
 
 
image
 
そして仕上がりが綺麗。
 
 
カナちゃんは本当にネイルおたくなので。
どの角度から見ても綺麗なカーヴが出来るように丁寧に施術してくれます。
 
 
 
以前に子育て中に
「ネイルをしていると夜、遅くなっちゃって家事に手が回らない、、、、」
と夜のお客様の予約をどうするか悩んでいたカナコちゃんに
 
私が
「早朝したらええやん。5時とか。」
 
と言ったら、彼女は目を丸くして
「ええッツ!!」
 
と言っていたのは3年前かな〜〜。
 
 
 
私的には、
「朝からネイルが出来るなんて効率的!」
としょっちゅうサロンヒグチに行っています。
 
 
 
私がネイルする理由は、100パーセント
 
「お客さまのため」
 
 
さすがに爪がすっぴんでお客様の前に立つのは失礼でしょう?
 
そんな感じです。
 
つまり、見られる仕事なのでしてます。
 
 
 
ネイルおたくのカナちゃんからは、
 
「えっ?!
ネイルくる前日、ワクワクしません?!」
 
って言われるけど。
 
申し訳ない。
全然しない。
 
 
あ、ごめんなさいませ、皆さま。
 
千草、そこに女子力はないです。
 
 
もーね、これはもう、しょうがない(笑)
 
 
長年、ヨガやっていたおかげで
 
色々顔とか爪とか塗っても
最終、何もないことが自然ということを認知しているのでね。
(女子力低い)
 
 
 
 
 
でも、仕事上、ブランディングは非常に意識しております。
 
『これは、手帳ライフコーディネーターの青木千草の爪かどうか?』
 
って思ってネイルしてもらってます。
 
いつもカナちゃんは私以上に
「青木千草はこれ!」
とイメージしているのがあるみたいで、彼女はいつも色選びに迷わない。
一瞬で選んでさっさと塗ってくれます。
 
私にいちばん合う色を塗ってくれるんです。
 
 
 
私にとって服もそう。
『手帳ライフコーディネーターの青木千草がこれを着るかな?』
 
カバンもそう。
『手帳ライフコーディネーターの青木千草がこれを持つかな?』
 
 
 
いつも客観的に見ております。
 
 
 
 
話していてカナちゃんが言ってたんだけど。
 
「美爪クリエイターのヒグチカナコがこれ着てるかなって思ったら、
絶対にユニクロとかしまむらとか買いません!!
 
 
テンション下がるし」
 
 
と言い放す。
 
 
 
 
 
 
ここ、私と一緒、カナコさん(笑)
 
 
爪で悩んでる人はぜひサロンヒグチに行ってみてくださいね。
 
「〇〇な仕事してるんです。
 
こんな風にみられたいのです。」
 
があれば絶対事前にカナちゃんに伝えておくといいですよ〜〜〜。
 
 
 
「自分を客観視する」
 
ですね。