2008年。アメリカ。"SEX and the CITY".
  マイケル・パトリック・キング監督。
 テレビ版は見たことがなかったので、最初の方だけでもと思って、シーズン1をちょこっと見てみたら、思っていたド派手なイメージとは違って、派手ではないが地味でもない4人の30歳過ぎた女性の恋愛コメディで、ちょっと『フレンズ』っぽい要素もあって、これから面白くなりそうな予感はあった。
 しかし、シーズン1から10年経過して、全員40歳過ぎた時点での物語(中の一人は映画の中で50歳の誕生日を迎える)となるこの映画化作品は果たしてどうなってしまうのか、
 と思ったら、
 全6シーズンの間にいろいろあったようで、4人それぞれが、年齢相応に、苦難を乗り越えて愛を手にするまでの心の旅路を描いた物語になっていた。

 この完全に女性のみにターゲットを絞ったドラマの映画化作品を男がひとりで見に行く、というのはかなり異常だという自覚はあった。はっきり変質者に限りなく近いような気もする。実際にカップルで来ている以外に男だけの観客は自分ひとりだけだったように見えた。
 しかし、ラブコメ愛好家(という時点で異常性格者なのかも知れない)としては、この映画をはずすわけにはいかない、という心の葛藤もあり、声優の声が穏やかで感じが良かったこともあって、日本語吹き替え版で見てみた。

 全体に、次はどうなると思わせる30分のシットコムをつないでいったような作り方で、連続テレビドラマをまとめて見るようなめまぐるしい展開で物語が進んでいくが、各エピソードの組み合わせ方がうまいのか、約2時間30分があっという間に過ぎてしまったような印象があって、面白かった。
 物語の中心人物の、見たところは疑いようもなく「派手目なおばちゃん」である4人の、「世の中におばちゃんというカテゴリーは存在しない、独身女性と既婚女性との違いがあるだけ」と全身を使ってアピールしているような、圧倒的なパワーを持った物語が素晴らしかった。
 SATCマニアと呼ばれる人々は字幕版も吹き替え版も何度も見に行くらしいが、そこまでする気力はない。テレビ版の続きを、機会があったら見てみよう、とは思った。
     IMDb           公式サイト(日本)
satc3
 物語の中心となり、語り手でもあるキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)はもともと老け顔だったせいか、10年前とそれほど変化はないように見えた。
 打ちひしがれてベッドに横たわるシーンでは一瞬、老婆に見えたが。
satc8
 ジョージ・クルーニーをさらに濃くしたような顔のミスター・ビッグ(クリス・ノース)とキャリーとは、ついに結婚を決めたが、直前になって、おびえたミスター・ビッグがドタキャンしてしまう。
 二人の関係には、これで終止符がうたれてしまうのか、という物語が中心になる。
satc2
 子育てと仕事に追われるあまりにほったらかし状態だったスティーブ(デヴィッド・エイゲンバーグ)が浮気したことを告白し、ブチ切れたミランダ(『たとえば願いが叶うなら』 に出ていたシンシア・ニクソン)は、別居を宣言し、即実行に移す。二人の関係は修復できるのか、というエピソード。
satc5
 テレビ版をちょこっと見た限りではキャリーの親友でゲイのスタンフォード(ウィリー・ガーソン)が面白いキャラクターだったが、映画ではあまり目立った場面はなかった。
satc7
 シャーロット(クリスティン・デイヴィス)とハリー(エヴァン・ハンドラー)とは中国人の少女を養子縁組みするが、その直後にシャーロットの妊娠が明らかになる。一番目立たなかったエピソードになっていた。
satc6
 せりふにはときどきギョッとするような言葉があったが、演出自体はベッドシーンも比較的上品で、サマンサ(キム・キャトラル)の隣に住むラテン系のマッチョな青年の全裸シャワー・シーン以外は特に問題はなかった。
satc4
 『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソンがキャリーのアシスタントのルイーズ役で登場する。心持ちほっそりとなって、きれいになっていた。
satc1
 ミスター・ビッグからの連絡を一切シャットアウトしてきたキャリーだったが、ルイーズが別れた恋人と再会したことで愛を復活させたりするのを見ているうちに、物思いにふける。
satc9
 4人の女性の友情物語とそれぞれの恋愛物語とのバランスがすぐれていたことが面白さにつながっていたのだろう、と思った。
映画「セックス・アンド・ザ・シティ」オリジナル・サウンドトラック/サントラ
¥2,500
Amazon.co.jp
Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX(初回限定生産)
¥23,856
Amazon.co.jp
SEX AND THE CITY [THE MOVIE] COLLECTOR’S EDITIO.../サラ・ジェシカ・パーカー,シンシア・ニクソン,クリスティン・デイビス
¥5,985
Amazon.co.jp