2007年。2007「XX」製作委員会。
  深作健太監督。上甲宣之原作。
 親の七光りと言われ、さげすまれながらも、努力していることだけは伝わってくる苦労人の深作健太監督だったが、『バトル・ロワイヤルⅡ』が最低の映画だったので、興味は失っていた。
 が、ここでは、ホラーのように見せかけて、実はコメディだったという安い作品ながら、開き直ったかのようにのびのびと演出しているように見えた。

 時間をさかのぼって同じ物語を違う角度から見せる、という安っぽさに拍車がかかる編集も、このホラー風コメディ映画では、効果的な役割を果たしているようだった。
 出演者の怪演(特に小沢真珠)もあり、ひまつぶしに見る映画としては、最高に楽しい時間をすごすことが出来た。
 深作健太監督が、偉大な父親である深作欣二監督の影から脱して、ついに自分の仕事を発見したのかも知れない。あるいはまぐれ当たりか。
       公式サイト
xx4
 笑いを誘うふざけた怪演で、この映画の実質的な主役となったハサミ女レイカ(小沢真珠)。なかなか死なない不死身さがアメリカ製B級ホラー映画へのオマージュにもなっていた。
xx1
 トップ・クレジットで主役なのに普通っぽい役柄のせいで、結果的に目立たない存在になってしまった松下奈緒にとっては、悔いの残る映画かも知れない。
 チェーンソーを振り回してハサミ女と闘う鈴木亜美は、俳優キャリアの上では今までで最高の演技を見せる。アップになると肌が荒れているみたいなのが気になった。
xx2
 パワーブックを前に主人公の松下奈緒にアドバイスをする意地悪そうなこのメガネ女は誰だと思ったら、中川翔子だった。
xx5
 いつの間にか、安い映画専門俳優と化した池内博之が、すべり倒しながらも熱演。旅館のおばあさん役の森下能幸のミニコントみたいにさむい演技もこの映画の中では効果的なアクセントにはなっていた。
 小山力也の声の持ち主がフットボールアワーの岩尾だったというオチは狙いすぎたのか、かなりすべった。
エクスクロス 魔境伝説
¥2,953
Amazon.co.jp
上甲 宣之
宝島社文庫「そのケータイはXX(エクスクロス)で」 (宝島社文庫)
池頼広, Aly&AJ, サントラ
XX(エクスクロス)~魔境伝説~オリジナル・サウンドトラック(DVD付)