2007年。2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会。
   山崎貴監督・脚本。西岸良平原作。
 この話題作を公開初日に見に行ったからといって、実際は特に関心があったわけではなく、時間のつなぎが、目当てだった『オリヲン座からの招待状』 とちょうど良かったために見ただけのことだった。
 コアな映画ファンには非常に評判が悪い作品だが、実はそれほど悪いとは思わず、むしろ好ましく思ってさえいたが、
 コアな映画ファンの知人にはどうせあざ笑われるので、第1作を見に行ったことさえ言わず、会社では別にそれほど大した映画だとも思っていなかったのに、「良かった!」、「感動した!」という周囲の声に違和感を感じながらも同調していた、という意味で思い出深い映画だった。

 この映画の最大の美点だった特殊撮影技術を生かしたオープニングのゴジラによる東京破壊シーンで、製作スタッフがこの作品でやりたかったことが率直に表現されている。ハリウッドの特殊撮影技術と比較しても全く見劣りしない技術の誇示による架空の昭和30年代の仮想空間の再現が映画の最大で唯一の見どころだろうと思われる。

 前作で評判が良かった吉岡秀隆と小雪とのエピソードが今回の物語の中心になり、多くの登場人物たちが、そのまわりでドタバタ騒ぎを引き起こすという設定になっている。
 いろいろなエピソードがあったが、単調で地味な物語だったはずの『グッド・シェパード』 よりも、長く感じたのは、脚本がいまひとつだったからかも知れない。
       公式サイト
zokualways3
芥川賞を目指して小説の執筆に挑戦する茶川竜之介(吉岡秀隆)。今回は出来が良くて、芥川賞の最終選考に残り、マスコミからも取材が殺到する、というストーリーながら、
 クライマックスで感動的に読み上げられるその小説の一節が、どうにもこうにもくだらなくておかしかったのが、マンガが原作の限界だろうが、誰も笑っていなかったので困った。
zokualways6
 鈴木則文(堤真一)がどうやら戦死したらしい戦友と再会する幻想的なエピソードもあった。
 先週、近くの映画館で鈴木則文監督のトークショーを聞いて、『大いなる助走』と『緋牡丹博徒一宿一飯』を見たばかりだったが、この映画よりはるかに面白く、素晴らしい作品だった。
zokualways4
 特急「こだま」に乗って、大阪へ嫁いで行こうとするヒロミ(小雪)。ベタだが、こういうメロドラマはそれほど嫌いではないので、良かった。小雪本人もこの映画で評価を上げたことにプライドを感じているらしく、熱演を見せる。
zokualways5
 事業に失敗した親類の鈴木大作(平田満)の娘、美加(小池彩夢)と一平(小清水一揮)との初恋のようなエピソードもあった。
zokualways1
 芥川賞の受賞は決定済と思い込んでいる街の人々が見守る中で、ついに選考結果の連絡が入る。
zokualways7
 堀北真希が出ているだけで、良い映画だと思い込むので、第1作目 や『着信アリFinal』、『春の居場所』 と同じ程度には良い映画だと思った。このシリーズは、まだ当分続いていくような気がする。
バップ
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版]
 
ALWAYS続・三丁目の夕日オフィシャル・フォト・ブック
佐藤直紀, サントラ
ALWAYS 続・三丁目の夕日 オリジナル・サウンドトラック
 
バップ
ALWAYS 続・三丁目の夕日 ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつ