2007年。「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」フィルム・パートナーズ。
   三池崇史監督。
 試写などで見た人から、「相当にひどいよ。」というような話は聞いていたが、その人たちは『殺し屋1』も『ゼブラーマン』もひどい、という人々なので、特に気にせず、
 『遠くの空に消えた』も、『伝染歌』も、『HERO』も、つまらないと事前に聞いて見に行ったら、逆にいろいろな美点が目について、意外と面白いじゃないですか、と楽しく見ることができたので、
 この作品もそういった例のひとつとして、面白く見ることができるのじゃないか、と思っていたら、
 本当にひどくて、つまらない映画だった。途中しばらく眠ったので、ひょっとしたら寝ている間に作品の全体にとって重要な場面があったのかも知れない。ということは、たぶんないとは思う。

 これは一体どうしたことだろう。面白い場面はところどころにあったものの、全体につまらないという印象が強い。上映前に流れた『クローズ ZERO』の予告編の方が面白かった。
 『ホステル』にカメオ出演した三池崇史監督はカッコよかったが、この映画に出演したクエンティン・タランティーノ監督はカッコ悪かったことが、映画の何ともいえない気まずい雰囲気を物語っているようにも見える。
      公式サイト
django1
 全身黒の服を着た女ガンマン、桃井かおりが意外と動けるように見えたのが面白かった。
 この映画で一番得な役柄だったのは、桃井かおりと、彼女への報われない愛に殉じた松重豊だったような気がする。
django2
 安藤政信も心底から腐り切った悪役のキャラクターで、良いところを見せる。
django3
 平家役の佐藤浩市が相変わらずパッとしなかったのに比較して、源氏役の伊勢谷友介はなかなかきまっていた。
django06
堺雅人の好演が光る。(他がひどかったので、相対的にそう見えただけかも知れない。)
django5
 木村佳乃だけ英語の発音がみょうに流暢なのがおかしかった。が、ならず者たちに襲われても肌の露出は少なくて、ちょっと上品過ぎるように見えた。
 小栗旬は出てきてすぐ殺される、木村佳乃の夫で善良な村の青年役。
 伊藤英明、香川照之、石橋貴明、石橋蓮司、田中要次なども、いろいろ役に工夫をしていたようだったが、空回りといった感じだった。
 エンディング曲の北島三郎の『ジャンゴ』は良かった。
ジェネオン エンタテインメント
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スペシャル・コレクターズ・エディション
 
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ公式画報
 
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ公式図解
遠藤浩二
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ サウンドトラック集