公開日 2017年8月11日

製作国 アメリカ 133分

ジャンル アクション/ヒーロー/SF

 

初回鑑賞日 2017/8/17 ユナイテッドシネマ

満足度 90点

 

解説/あらすじ

アイアンマンやキャプテン・アメリカなど“アベンジャーズ”を中心にマーベル・ヒーローが同一世界観の中で活躍する“マーベル・シネマティック・ユニバース”作品群の一つとして描かれる新シリーズの第1弾となる痛快エンタテインメント青春アクション大作。

アイアンマンに憧れ、アベンジャーズ入りを夢見る15歳の青年の葛藤と成長を、ヒーローとしての華々しい活躍に普通の高校生の瑞々しい青春模様を織り交ぜ描き出す。

主演は「インポッシブル」「白鯨との闘い」のトム・ホランド。

共演はアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrのほか、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ。

監督は「クラウン」「COP CAR/コップ・カー」で注目され、長編3作目の本作でいきなりブロックバスター作品に大抜擢となった新鋭ジョン・ワッツ。  

 

ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター・パーカー。

憧れのトニー・スターク=アイアンマンに見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出しながら、早くアベンジャーズの一員になりたいと夢見ていた。

そんな中、スタークに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャーが、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。

アベンジャーズに任せろとのスタークの忠告にもかかわらず、一人前のヒーローとして認められたいと焦るピーターは、たった一人で敵に立ち向かおうとするのだったが…。

(allcinema)

 

 

感想

言うまでもなくマーベル映画の中でもスパイダーマンは大好きなので劇場へ観に行きました。

 

レビューがちょっと遅くなりましたがあせる

 

序盤からちょっと退屈かな?って意外な感じでした。

 

 

 

スパイダーマンはサム・ライミ監督の三部作の他、アンドリュー・ガーフィールド扮する「アメイジング・スパイダーマン」二部作があります。(アニメやその他もありますがそれは除いて)

 

このホームカミングは全く別物に感じます。

 

年齢が15歳になったということ。

 

アベンジャーズが関与しているということ。

 

上記のスパイダーマン映画にはなかった設定ですね。

 

あまり面白くないかな?と思いつつ観ていたのですが、

 

(サム・ライミ監督&トビー・マグワイアのスパイダーマンが一番好きです)

 

アイアンマンが登場してから一気に面白くなりました。

 

さすがアイアンマン!

 

圧倒的にすごいです。

 

この映画でのトニー・スタークは、めんどくさがりながらもピーターを息子のように叱咤激励するお父さんぶりが見ものでした(笑)

 

 

トニーとの掛け合いが笑えます笑顔

 

戸惑いながらもヒーローとして成長していくピーターは、ちょっと不器用ですが正義感たっぷりで面白いスパイダーマンに仕上がっていました。

 

 

最後はやっぱり、「面白かった~また観たい!」と思いました笑顔

 

次回アベンジャーズにも登場予定で、「スパイダーマン:ホームカミング」の続編もまだまだありそうですね。

 

でもまず次は11月3日公開の「マイティー・ソー バトルロイヤル」かな。

 

これからのマーベル映画、楽しみですキラーン

 

 

 

 

 

 

 

 

AD