View this post on Instagram

シュシュ(朱里)の紙切り😆 初めの頃はこんなに長く切れなかったけど今はもうベテランさんです👏 でもケージに運んだ時にはほとんど抜け落ちてますが🤭 シュシュは女の子で繁殖期にはこんな風に巣作りします。 体に負担がかかるので余計な卵さんを産ませないように紙類は一切見せないようにしてました。 壁紙、畳、ティッシュ箱、ビニール等々齧れるものはなんでも齧ります。 でも齧り防止対策してたら今度は自分の毛を齧る、抜くなど、血が出るほど😣腰の辺りを齧るようになりました。 これ、自咬症って言うみたいです。 コザクラインコには多いですね。 色々試してみても解決しませんでした。 ある日、放鳥の際、不用意に置いてたチラシを齧ってるのを見て、もう何だか、好きなように齧らせようと思いました。 それから今はケージの中にもチラシを入れて好きなように齧らせています。 シュレッダー状態(笑) 気がつけば自咬症はすっかり治っていました😄 もう自分の羽を抜いたり齧ったりしません。 他の子たちも試しにケージの中にチラシを入れてみたら皆んな齧って遊んでいます😄 心配してた卵さんは今のところ誰も産んでいません。 これは我が家での出来事なので、正しいのかどうかは分かりませんが成功しました😊 🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀 #コザクラインコ #コザクラインコの紙切り #巣作り #放鳥 #毛引き #自咬症 #シュレッダー

しのはらまゆみさん(@palrozen)がシェアした投稿 -