公開日 2018年7月13日

製作国 アメリカ

ジャンル アクション/アドベンチャー/SF

 

初回鑑賞日 2018/7/13 ユナイテッドシネマ

満足度 100点

 

 

 

 

解説/あらすじ

大ヒット・ベンチャー超大作「ジュラシック・ワールド」の続編。

恐竜テーマパーク“ジュラシック・ワールド”で起きた大惨事から3年後を舞台に、大噴火の危機が迫る中でオーウェンとクレアが繰り広げる恐竜救出作戦の行方と、恐るべき陰謀に巻き込まれた彼らの運命を、臨場感あふれる迫力のアクション満載に描く。

出演は引き続きクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード。

監督は新たに「インポッシブル」「怪物はささやく」のJ・A・バヨナ。  

 

3年前の惨劇以来、人間が放棄したコスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、“ジュラシック・ワールド”の恐竜たちが文字通り野生化し、島中に棲息範囲を広げて生き続けていた。

しかし島の火山活動が活発化し、大噴火が迫っていることが明らかとなる。

パークの元運用管理者クレアは、恐竜たちを絶滅の危機から救うため、恐竜監視員だったオーウェンに協力を要請し、救出隊を組織して島へ向かう。

島に到着したオーウェンは、ずっと気に掛けていたヴェロキラプトルのブルーとの再会を果たす。

しかしこの救出作戦の背後には、彼らの知らない恐るべき陰謀が隠されていたのだったが…。(allcinema)

 

 

 

感想

前作以上に面白かったです!

初日ということもあってかほぼ満席でした。

 

3年前ハワイに行った時ちょうど今作の撮影が行われていました。

それに前作の「ジュラシック・ワールド」の撮影跡にも足を運びましたよ。

 

 

 

知ってる方には「あー!ここ!」って思うでしょう笑う

懐かしいです。

 

さて、本編の感想ですが、シリーズで最大じゃない?って思うほどのアクションと恐竜の種類の多さです。

キレの良いテンポと、思わず涙するシーンも最高でした。

ひとり取り残された恐竜がうちのココちゃん(オカメインコ)になぜか見えてしまって(イメージ的に)涙が止まらなかったです泣く

 

勝手に作り出しておいて見捨てるなんて酷いですよね。

あと、やっぱりお金儲けの材料にされてしまう・・・・

 

マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)が出た時は嬉しかったです!

会議の間だけだったけど。懐かしのメンバーが出演するのはやはり嬉しいものですね。

 

今回はヴェロキラプトルのブルーが重要な役割をします。

オーウェンがどのようにしてブルーたちを育てたのかが分かります。

オーウェンとブルーの絆は・・・・?

 

あ、毎回そうなのですが、いつも偶然出てきては結果として人を助けることになるTレックス。今回もでした(笑)

本人には全く自覚はないのですが(当たり前)ピンチをいつも救ってくれますよね笑う

 

今年もいろんな映画を観てきましたが、「アベンジャーズ/インフィニティウォー」の次に面白かったです。