050916ALWAYS


昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、

夢と希望の国民エンタテインメント映画!


公開日 2005年11月5日


2005年製作 日本 ジャンル ドラマ


期待度 ★★★☆☆


監督 山崎貴

原作 西岸良平

脚本 山崎貴

出演 吉岡秀隆堤真一小雪堀北真希三浦友和もたいまさこ薬師丸ひろ子



オフィシャル・サイト



解説 連載開始から既に30余年。空前のロングセラーとなった国民的コミック、ついに映画化。

日本が誇るVFXの第一人者・山崎貴監督が、観る人すべてを心温まる昭和の世界に誘います!

人々の記憶にある時代の、しかもたくさんの人が目にしているはずの“東京”の再現…。

そんな難プロジェクトに挑むのは、『ジュブナイル』『リターナー』でそれまでの日本映画界がなし得なかった、新たなVFXジャンルの開拓に成功した山崎貴監督。

綿密な時代考証、広大なるロケセット、最新のVFX技術をもとに、シリーズ総発行部数1400万部を誇る国民的コミック・『三丁目の夕日』のスピリットを大切に、“昭和33年”の世界を創り上げました。

その映像にどっぷりと浸かって、映画館でタイムスリップしてください。

当時を知る人はもちろん、知らない人にとってもなぜか懐かしく感じられるでしょう。(オフィシャル・サイトより)


コメント いや~なんかオフィシャル・サイト見てましたら、音楽も綺麗だし、なんか懐かしい気持ちになりました~

『昭和』なんて良い響きなのでしょう。その時代にいた時は何にも感じませんでしたけど、平成になって、そして年を重ねてきて、本当に懐かしいです。

あの頃にもう一度戻ってみたくなりました。決して豊かではありませんでしたけど、毎日が楽しい青春でしたねー(年がバレバレ…汗)


下の写真は、去年、社員旅行で大分県『昭和の町』に行った時にわたしが写したものです。

それにしても、ジュブナイルリターナー、むちゃくちゃ好きです!その監督がどのような映画を撮ったのか、ちょっと興味がありますね。