『 ロード・オブ・ウォー 』 試写会に行ってきました | やっぱり邦画好き…(Ameba版)

やっぱり邦画好き…(Ameba版)

やっぱり邦画好き…(http://cinema-j.com)の更新情報と過去ログです。


テーマ:
ロード・オブ・ウォー昨日は「ロード・オブ・ウォー 」の試写会に行ってきました。お話は、1980年、ユーリー(ニコラス・ケイジ)は、崩壊以前のソビエト連邦ウクライナから自由の国・アメリカへ渡り、武器の密売に手を染めることになる。混沌とする世界情勢が追い風となり、いつしか彼は、その独特の商才をもって世界中の政府を相手にするまでに昇りつめる。だが“死の商人”として世界を操る彼の動向をかぎつけたインタポール(国際ケイジ警察機構)のバレンタイン(イーサン・ホーク)が、刻一刻と彼を追い詰めていく…。(チラより)という武器商人のお話です。
武器商人として彼が上り詰めていく話はトントンと進んで行って、ちょっとわくわく感はありませんが、私は彼がどのように落ちぶれていくのかが楽しみ?で観ていましたが、ちょっと期待ははずれて、結局は…なんとなくしっくりこない感じで終わってしまいました。
ニコラス・ケイジも、この作風も好きなんですが、終わり方だけが、どうも好みでなかったですね。

実際にある話みたいで、いま世界的に「武器コントロール」という動きがあり、ミリオン・フェイス キャンペーンをやっています。

武器の規制を求める、グローバル・キャンペーン


 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪


>> TOPページに戻る

やっぱり邦画好き…さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス