やっぱり邦画好き…(Ameba版)

やっぱり邦画好き…(http://cinema-j.com)の更新情報と過去ログです。


テーマ:

男たちの大和


映画『 男たちの大和 YAMATO  』  


2005年:日 本  【12月17日全国東映系ロードショー】
監 督:佐藤純彌
脚 本:  〃

原 作:辺見じゅん 「決定版 男たちの大和(上下)」

完本 男たちの大和〈上〉  完本 男たちの大和〈下〉

音楽:久石 譲
主題歌:長渕 剛


[ キャスト ]

反町隆史  中村獅童  山田純大  松山ケンイチ
渡辺 大  内野謙太  崎本大海  橋爪 遼
鈴木京香  仲代達矢  渡哲也  高知東生
平山広行  森宮 隆  金児憲史  長嶋一茂
蒼井 優  高畑淳子  余 貴美子  池松 壮亮
井川比佐志  勝野 洋  本田博太郎  林 隆三
寺島しのぶ  白石加代子  奥田瑛二


もう会えない君を、守る。

1945年4月6日 3333名の男たちは、
最大最強の不沈戦艦「大和」とともに、
決戦の海へと向かった。


2005年4月、老漁師の神尾克己は内田真貴子と名乗る女性に
乞われ戦艦大和が沈んだ場所まで船を出すことに。
まっすぐに前方を見据える神尾の胸に、鮮やかに、そして切々と
60年前の光景が甦っていく…。
昭和16年12月8日、日本軍の真珠湾奇襲によって始まった
太平洋戦争はミッドウェイ海戦でアメリカ軍に大敗を喫して以降、
形勢が逆転。連合艦隊司令長官・山本五十六大将の戦死、
太平洋各地の島々の守備隊は玉砕するなど、日本軍は
劣勢を強いられていく。そんな19年の春、神尾ら特別年少兵たちが
戦艦大和に乗艦してきた。烹炊所班長の森脇二主曹や
機銃射手の内田二兵曹に助けられながら、艦内での厳しい
訓練に耐え抜き、レイテ沖海戦での初の実戦を迎える。
しかし、この戦いで連合艦隊ハ事実上壊滅。
そして昭和20年4月、ついに大和は水上特攻工の命を受け、
沖縄の海へ出撃することになってしまう…。
(チラシより)

多分、2005年のラストを飾る大作「男たちの大和」。スケールの大きい
戦艦大和が観れると同時に、人間模様ががどれだけ描かれているか
楽しみです。キャストもとても見応えがある方々が揃っているみたい
ですし、主題歌は長渕剛♪そして佐藤純彌監督は人間の証明や
野生の証明等を手掛けられています。
今年の締めくくりは、YAMATOになりそうな
、やっぱり邦画好き…デシタ。
(2005-09-19)


試写会に行ってきました。

《 感 想 》


男たちの大和の上映が始まって、今回はどんなシーンがあっても絶対に泣かないぞと心に決めて観ていたのですがダメでした…。ボタモチのシーンでこらえていたものが一気に崩れて行ってしまいました。それと同時に「のほほんと生きているお前に戦いに行く若い人たちを見送る者、見送られる者の本当の気持ちがわかるのか!?」という言葉が聞こえてきそうで…、そうしたら一層涙が出てきてしまいました。

男たちの大和では“思いやり”や“優しさ”、上官が部下を思う気持ちや友情、親子や愛する人に支えられたからこそ、戦うことができたのだろうと思わせてくれる内容でした。反町サンのセリフからも伝わってくるものがありました。

私はあまり戦争映画を好んでみないので他の作品がどうなのか?わかりませんが、戦闘シーンはものすごい迫力です。邦画でこれだけ迫力ある戦闘シーンは見たことないと思います。その迫力のベースにあるのは全長約190mの巨大な戦艦大和のセットです。本日の舞台挨拶での松山ケンイチサンのコメントにこのセットに入ったら自然と役に成り切ってしまうということを言われてましたがスクリーンから充分伝わってきました。

キャストの方々の演技も素晴らしく男優の方の迫力ある演技、女優の方の愛のある演技はとても良かったです。

戦争はもう二度とやってはダメだとかこうやって書くことはできますが、ちっぽけな自分にできることは身近な思いやりからではないのかと思いました。


 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪



>> TOPページに戻る


タカラ
連斬模型シリーズ「男たちの大和」 BOX

 植村直己物語

 敦煌 特別版

 金融腐蝕列島「再生」 デラックス版

 君よ憤怒の河を渉れ

 角川映画クラシックスBOX〈70年代ミステリー編〉

 角川映画クラシックスBOX〈70年代アクション編〉



人気ブログランキングに参加しています


>> TOPページに戻る
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

やっぱり邦画好き…さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。