前回の続きです。

同棲までしていた女友達。結婚できるかなと思っていた矢先のまさかの別れ話。

_____________________________________

一連の流れを聞いていると、本当にコミュニケーションって大事で。

自分では言ったつもりでも相手に伝わっていない(=ミスコミュニケーション)って結構ありますねえーんアセアセ

照れずに自分の気持ちを上手に伝えられるようになりたい、いや、なる!

いやはや本当に婚活って、恋愛だけではなく、あらゆる場面でも活用できる人間としての術を学べますねキラキラ

どちらかというと、人間関係がベースにあって、その上に恋愛があるイメージですけど。本来は。

_____________________________________

 

さて、つい余談が入りましたが、ふられてしまった女友達。

気持ちを切り替え、同棲先から荷物を少しずつ引き上げていた矢先・・・

ま、まさかの妊娠が発覚・・・・‼滝汗

どwwww

私も発覚してからしばらくして聞きました。。どうやら荷物を引き上げていたときにも、性行為ラブをしてしまったようで。。

 

しかし誰もがびっくり!したのは、身ごもった彼女の行動でした。

 

もちろん父親は同棲していた彼。それを伝えにいったときのこと。

「あなたとの子供ができた。だけど子供ができたからといって、よりを戻すのは本末転倒。心が離れているのに、子供のせいで戻るのはちょっと違う。あなたの決断に任せるけど、私は一応子供ができたことは伝えておくね」とだけいって帰ったそう。

 

内心は心細いはずと思ったけど、けっこう本人は楽観的で。

当時35歳だった友達はまず、子供を授かれたことに感謝し、実家に頭を下げて、働きながら子供を育てようと考えていたらしかった。

 

その決断にみんなびっくり・・・・!!

つ、強すぎやしないか?!当時、そこまで子育てをした経験がなかった子が周りにいなかったのでみんなぼーぜん!

母は強し!なのだ。うじうじ悩んでいても、お腹の子は育つのだ。

 

と、その1か月後、、なんと彼のほうから「結婚しよう」という申し出があったそう。

1か月も何悩んでるんや・・・!!!といいたいところだけど、無事に結婚。

 

彼女は出産ギリギリまで、ハードな仕事を終え、産休に入りました。そして、今では旦那さんの実家で農業を手伝っています・・と

いいたいところだけど、第1子を産んでから立て続けに子供ができて、いまや3児の母です。

あっぱれ!

 

決して真似することはお勧めできない(妊娠はそう真似できないか・・)けど、どうにかなるさ!のタフさと楽観的な姿勢で幸せを彼女は勝ち取った!

 

彼女の住む実家に遊びに行きましたが、やはり山奥で・・車がないと何もできない・・移動できない・・・・

しかも二世帯住宅だしね。本当にど田舎で。

だけど元気そうに相変わらずやっていたので安心しました。

 

引っ越す前にいっていたけれど、田舎暮らしが飽きたら何か自分で起業するのもいいかも~。フリーランスとか。

これぐらいのどっしりと肝が据わった彼女を私は尊敬しますキラキラキラキラ